アッレグリーニ を含む記事

2013年01月14日

4、5グラッポリ受賞トスカーナワイン試飲会に行って来ました!!

皆さん、こんにちは!今回は昨年12月16日に行われたAISトスカーナ(イタリアソムリエ協会)の大きな試飲会のご報告をします!アップが遅くなってしまいましたが、やっぱり重要なので・・;

この試飲会はAISのビベンダ出版のワインガイド「ドゥエミラヴィーニ」において高評価されたトスカーナのワインの試飲会でした。※ブドウの房の数で評価4グラッポリか5グラッポリ、つまり85点以上のワイン

今までブログ内で取り上げてきたワインもたくさん登場したのでリンクをつけながらご案内します!

L'ECCELLENZA DI TOSCANA
レッチェッレンツァ・ディ・トスカーナ
116ワイナリーのワインが結集


IMG_5655

フィレンツェの隣町SIGNA(シーニャ)の丘陵地のホテルにて
アクセスが非常に悪い場所でしたが、かなり多くの人たちでにぎわいました。なぜこんなアクセスの悪いところでやるのかとブーイングでしたが、フィレンツェなどの中心街でやると人が来すぎて混乱が生じる可能性からこういう処置になったのでは、と推測します。つまりこういう場所ならよりプロフェッショナルなワインファンしかこないだろうということです。

IMG_5656

IMG_5661
ROCCAPESTA
ロッカペスタ
グロッセート県スカンサーノにてモレッリーノ・ディ・スカンサーノを生産。
4つのラベルは全てモレッリーノ・ディ・スカンサーノです。(右2つはリゼルヴァ)

IMG_5663
SAN GERVASIO
ブログ内でも度々登場のピサ県のサン・ジェルヴァジオ
試飲記事 ア・シリオ
試飲記事 イ・レナイ

IMG_5675
TENUTA DEI SETTE CIELI
テヌータ・デイ・セッテチエーリ
7つの空という名の2001年創業ブログ初登場ワイナリー。海沿いリボルノ県ボルゲリ北、ビッボーナ。INDACOはなんとマルベックにボルドー系品種のブレンド!

IMG_5665
ACQUABONA
アックアボーナ
エルバ島のワイナリー、アレアティコの甘口も秀逸。

IMG_5670

IMG_5694
PODERE FORTE
ポデーレ・フォルテ
シエナ県オルチア。DOCオルチアを世界へ。高投資オーガニックワイナリー
過去記事 ペトルッチ

IMG_5671
POGGIO AL TESORO
ポッジョ・アル・テゾーロ
ヴェネト州アッレグリーニ社のボルゲリ所有ワイナリーです。
過去記事 デディカート・ア・ヴァルテル

IMG_5672
PRINCIPE CORSINI
プリンチペ・コルシーニ
コルシーニ家所有の2ワイナリー
右2つはフィレンツェ南部キァンティクラッシコのワイナリー「ヴィッラ・レ・コルティ」。サンジョヴェーゼ・カナイオーロ・コロリーノ
左は個人的に一押しのグロッセート南東「マルシリアーナ」。マレンマIGTマルシリアーナ。カベルネ・メルロー・プティヴェルド。

IMG_5685

IMG_5673
PODERE FORTUNA
ポデーレ・フォルトゥーナ
トスカーナ北ムジェッロ付近。(MOTOGPのサーキットのところ)トスカーナとしては比較的冷涼な土地から造られるピノ・ネロ(ピノ・ノワール)。
2本のIGT、フォルトゥーニとコルダイア。

IMG_5674
ANTINORI
アンティノーリ家
いわずと知れた600年の歴史を誇るトスカーナ屈指の名門。トスカーナ内に9つのワイナリー。
スーパートスカーナ「IGTティニャネッロ」も試飲可能でした。
キァンティ・クラッシコ地区に大きなワインの文化施設が完成したばかり。行かなくては!

IMG_5684

IMG_5676
IL POGGIONE
イル・ポッジョーネ
シエナ県モンタルチーノ
ブルネッロのリゼルヴァ

IMG_5678

IMG_5677
TENUTA DELL'ORNELLAIA
テヌータ・デル・オルネッライア
ボルゲリワインの極みと言うべきなんとオルネッライア!高級なボトルでもあるので、こういった試飲会とはいえワインを提供するのは極めて珍しいです。
過去記事 レ・セッレ・ヌオーヴェ

IMG_5679
VECCHIE TERRE DI MONTEFILI
ヴェッキエ・テッレ・ディ・モンテフィーリ
フィレンツェ県グレーヴェのキァンティクラッシコ地区。サンジョヴェーゼ100%、IGTアンフィテアトロ。

IMG_5680

IMG_5682
BOSCARELLI
ボスカレッリ
ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノよりいわずとも知れた至高のワイン。

IMG_5695
BADIA A COLTIBUONO
バディア・ア・コルティブオノ
過去記事 キァンティ・クラッシコ・リゼルヴァ

IMG_5689
BULICHELLA
ブリケッラ
日本人オーナーのボルゲリ南のスーヴェレートワイナリー。
過去記事 コルディピエトレロッセ

IMG_5690
I BALZINI
イ・バルツィーニ
IGTのみ生産のワイナリー。サンジョヴェーゼとボルドー系品種でブラック・レーベルやホワイトレーベルといったワインを世界中へ展開。

IMG_5691
CASTELLO DI BOSSI
カステッロ・ディ・ボッシ
キァンティ・クラッシコのほか、強力なIGTコルバイア(サンジョヴェーゼ70%にカベルネ・ソーヴィニョン30%)を生産。

IMG_5692

IMG_5693
ROCCA DELLE MACIE
ロッカ・デッレ・マチエ
シエナ県カステッリーナ・イン・キァンティ
ツアー運転手のマルコとアンドレアが7年勤めた大手ワイナリー

IMG_5697
CASTELLO VICCHIOMAGGIO
カステッロ・ヴィッキオマッジョ
フィレンツェ県グレーヴェ・イン・キァンティ
IGTフェデリコ・セコンダ・マッタ
こちらのIGT、ほとんど素通りされたけど実はとんでもないボトル。メルロー100%で3000本ほどの生産。1ヘクタールあたり25クインターリ(2.5t)のブドウ収穫。これは品質の良いワインとされるものの3分の1の量です。(完璧なブドウを選りすぐるということ。)ワイナリーに2度行ったことがあってたまたま価値を知ってましたが、なんとサッシカイアやオルネッライアよりも高額です。

IMG_5698
SASSOTONDO
サッソトンド
グロッセート県ソヴァーナの情熱。
日本ではほぼ無名であろう
DOCビアンコ・ディ・ピティリャーノ、DOCソヴァーナなど、トスカーナ南部の原産地呼称ワインの生産者。ピティリャーノは1966年DOC登録の歴史的な生産地区。
写真IGTはチリエジョーロ100%「サン・ロレンツォ」

IMG_5700
DIADEMA
ディアデマ
フィレンツェ県インプルネータ
スワロフスキ社とのコラボによる外観的にもスタイリッシュで宝石のようなワインの生産者。
醸造家はステファノ・キオッチョリ(トゥア・リタ、テニメンティ・ルイジ・ダレッサンドロなど)
IGT赤はサンジョヴェーゼ、カベルネ、メルロー、シラーのブレンド。

IMG_5702
DIEVOLE
ディエーヴォレ
キァンティクラッシコ地区
過去記事 ブロッカート

IMG_5703
FALCHINI
ファルキーニ
サンジミニャーノより伝統的なワイナリー
過去記事 ヴェルナッチャとピノ・ネロのスプマンテ

IMG_5704
MARCHESI PANCRAZI
マルケジ・パンクラツィ

過去記事 IGTピノ・ネロ

IMG_5664
TENIMENTI LUIGI D'ALESSANDRO
テニメンティ・ルイジ・ダレッサンドロ
アレッツォ県コルトーナのシラーのリーディングワイナリー
ダル・チェロとも近所で仲良し。イル・ボスコはフランス、コート・デュ・ローヌのシラー国際コンクールにおいて4位。(イタリア1位)
2001年というヴィンテージも試飲させてくれるというふところの深さ。(嬉)
過去記事 ダル・チェロ社コルトーナ・シラー クラニス


写真撮り忘れ
ポッジョ・ボネッリ(シエナ、モンテ・デイ・パスキ銀行所有ワイナリー)
過去記事 トラモント・ドカ
過去記事 キァンティ・クラッシコ

ピアッジャ(プラート・カルミニャーノ)
過去記事 ポッジョ・デ・コッリ

レ・ブーケ(シエナ、サルテアーノ)
過去記事 メメント

バンフィ(シエナ、モンタルチーノ)
過去記事 モスカデッロ フロルス

IMG_5705

 お知らせ
1月2日(土)にエノテカ・イタリアーナにて「セレツィオーネ・デイ・ヴィーニ・ディ・トスカーナ」のトスカーナワイン選考会にて高評価のワインの試飲会を行います!(業界関係者のみ


ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 10:52|PermalinkComments(38)TrackBack(0)

2012年05月21日

IGT トスカーナ “デディカート・ア・ヴァルテル” POGGIO AL TESORO

IMG_3277
名称Toscana IGT Rosso "DEDICATO A WALTER"
収穫年2006年
カテゴリーIGT
品種カベルネ・フラン種
生産地域トスカーナ州リボルノ県ボルゲリ
生産者POGGIO AL TESORO社(FACEBOOK有り)
料理サラミ、熟成チーズ、牛肉の赤ワイン煮、仔羊
コメント濃いルビー色、熟したプラム、青くさみ(ベジタル)、黒胡椒、カカオ、チョコレート、アルコール、土っぽさ、余韻長め、エレガント
トスカーナのボルゲリ地方よりIGTトスカーナのカベルネフラン種のご紹介です。
カベルネ系は芯のある味わいのワインで特有の青くささなどの野性味も奥ゆかしいワイン。今回のボトルはフランス製のバリック(225L)樽で18ヶ月の熟成。さらにいえば、このラベルには毎年新しい樽を使うことでより木の風味がよりワインに定着するような造りにしています。その後ボトル詰めしさらに1年の熟成を経て出荷。とにかく畑の管理から収穫までブドウ一粒に対するケアを徹底していてより洗練された味わいへの追究をおこなっています。

ポッジョ・アル・テゾーロ社は、ヴェネト州ヴァルポリチェッラの重鎮ワイナリーであるアッレグリーニ家所有のボルゲリワイナリー。アッレグリーニ社とアメリカのイタリア人ワイン商のレオナルド・ロ・カショとのプロジェクトでボルゲリに設立されました。マッキオーレより購入した70hの畑にて、海の近くのユニークな土壌・気候条件のもと、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、シラー、ヴェルメンティーノ(白)など極めてハイレベルなワイン造りを行っています。
アッレグリーニ記事
マッキオーレ記事

bolgheri

原産地呼称ボルゲリとしては、赤の場合カベルネ・ソーヴィニョンかメルローかサンジョヴェーゼ主体のものとなりDOC名でのリリースではなくIGTとなっています。
ボトル名のデディカート・ア・ヴァルテルは“ヴァルテルに捧げる”という意味合いで、夢であったこの土地でのワイン造りに尽力したヴァルテル・アッレグリーニ氏の名が刻まれたトップ・キュベというべきワイン。WALTERは英語や日本語で読むとワルテルやウォーターというような読みになりますがイタリア語ではヴァルテルと読みます。※イタリアカルチョにゼンガという名ゴールキーパーがいましたが彼の名もヴァルテル・ゼンガです。

奥ゆかしさ、上品さを兼ね備えた柔らかく余韻が続くボリュームのある赤、機会があればお試しください。

エノテカで売っているPOGGIO AL TESORO社のワイン

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 00:32|PermalinkComments(28)TrackBack(0)

2010年04月23日

ヴィニタリーに行ってきました!その5 ヴェネトの夕食とワイン レ・カンティーネ・デ・ラレーナ


Le Cantine de l'Arena
Piazzetta Scalette Rubiani, 1
37121 VERONA (VR)

Tel. music bracerie: 045 8026373

info@lecantine-arena.com
http://www.lecantine-arena.com/cantinearena_home.html

ヴィニタリーの滞在中に行ったレストランで一番のお気に入りの場所です。円形劇場(アレーナ・ディ・ヴェローナ)のすぐ近くにあり、お店は階段を下った地下にあります。
RIMG4563

ラ・グローラ2006

IGTヴェロネーゼ

コルヴィナ・ヴェロネーゼ種主体

ふんわりとした柔らかみと温かさのある、果実味もしっかりした赤。コストパフォーマンスはかなりあると思います。このレストランで23ユーロくらいだったと思います。
アッレグリーニ社は16世紀ごろからの歴史もあるヴェネト州を代表するワイナリーです。このボトル『ラ・グローラ』はアマローネとともに、エノテカイタリアーナにも展示販売されているものです。飲んだは初めてでしたけど、かなりの好印象でした!









RIMG4586
さて、お肉です。(笑)

実はこのお店の僕らが食べたお肉はヴェローナの地元名物の馬肉やロバ肉ではなく、『牛』です。それもどうやらブラジルに起源がある料理のようで、肉はPICANHAピカーニャというものでした。
調べると牛の腰の後ろのあたりの部位で、旨みたっぷりのジューシーなお肉らしいです。
レア(アル・サングエ)で肉汁のしたたる器に盛られ、荒塩をかけていただきます。
めちゃめちゃ美味いです。

他には野菜のグリルの付け合せをいただきました。












RIMG4585
さてこの日は最後の夜だったので、もう一本入りました。リパッソです。
http://www.
tommasiwine.it/
home.php?lang=1


トッマージ社のリパッソ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ・スペリオーレ DOC

リパッソについては過去の記事→
http://blog.livedoor.
jp/nobufico/archives/
cat_99670.html?p=2


こちらも柔らかみのある繊細でまろやかなタンニン。まとまった果実味の中に甘いヴァニラ香が広がる、余韻の心地よいワインでした。リパッソは本当に美味しいなぁ。
ピカーニャとリパッソで最高のチェーナ(夕食)でした!






le cantine del arena

このリストランテは雰囲気もいいので、ヴェローナ観光される方がもしいたら、ぜひ行ってみてください。



nobufico at 03:41|PermalinkComments(28)TrackBack(0)