シチリア

2010年02月03日

IGT シチリア ネロ・ダーヴォラ ドン・トト

RIMG4186
名称sicilia IGT nero d'avola "don toto"
収穫年2003年
カテゴリーIGT
品種ネロ・ダーヴォラ種
生産地域シチリア州
生産者LA LUMIA-BARONE社
料理赤身肉のローストなど
コメント凝縮した葡萄、プラム、深いコクと甘い香り、アルコール感、こがしたシロップ、ぶどうジャム
シチリアの赤ワイン用の品種の代表的なものといえば、まずこのネロ・ダーヴォラ種になると思います。この品種から造られるワインは、軽いものからフルボディのものまで幅広く存在します。言い換えれば、長期の熟成にも耐えうる骨格のしっかりしたワインをも造ることができる非常に優れた品種であるということです。今回のワインもそんなフルボディタイプのもので、深いコクと凝縮感をもったシチリアの太陽をたくさん浴びたぶどうで造られたことをイメージできるようなワインです。シチリアはテーブルワイン用のワインが非常に多く(海外向け、ブレンド用のブドウ造りも多い)、生産量の割合に対して、品質の高いものは少ないとされていますが、丁寧に造られているシチリアならではのワインも少なくはありません。北イタリアや中部地方では表すことのできない、個性と深い味わいをもっている名醸地だと思います。

ただいま研修中!ENOTECA ITALIANA


http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2/pubblica/esc_en.html


nobufico at 03:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

DOC エトナ・ビアンコ・スペリオーレ ピエトラマリーナ

RIMG4189
名称etna DOC bianco superiore 
"pietramarina"
収穫年2005年
カテゴリーDOC
品種カッリカンテ種主体
http://www.
vinovinovino.com/
wine/Vitigni/
carricante.html
生産地域シチリア州
生産者BENANTI社
料理シチリアの魚のグリル、包み焼き、いわしのパスタ
コメントフルーティな果実味、トロピカルフルーツ、パイナップル、マンゴー、コクのあるボディ、スマートな構成、心地よい余韻
シチリアのエトナという活火山の東の地域で造られるワインで、DOCの赤ワインやロゼも造られます。この白ワインはカッリカンテ(エトナの火山灰を含んだ粘土質土壌に向くとされる)というシチリアの土着品種で造られます。南の白ワインらしく、ある程度のボリュームのあるトロピカルフルーツのみずみずしい甘い香りを感じるワインです。ニュアンスはシャルドネに似てるように感じましたが、アフターの苦味が強くなく、スマートなワインだと思いました。20ユーロ以上するイタリア白ワインはあまり飲む機会がないですが、これはとても丁寧に造られていて美味しかったです。

今回のワインのベナンティ社や同じくシチリアのグルフィ社の醸造コンサルタントをしているサルヴァトーレ・フォティさんのコメントを抜粋します。

『今でも噴火を続けるエトナ火山周辺はワイン醸造では重要な位置にある。エトナ火山は海抜が約400m。ここでは標高の高い場所でも葡萄を作っていて、最高で900m近いところでも葡萄の木がある。夏は結構涼しいし、冬は雪も降るしね。葡萄の栽培で大切な要素は太陽光線と適度な雨なんだけど、一番大切なのは昼夜の寒暖差があること。それがないとワインで最も大切な酸がきれいに出来上がらない。エトナは葡萄を栽培するための気候が完璧に揃っている、非常にユニークな場所なんだ。』
(イタリアワイン最強ガイド 川頭義之著より)

ただいま研修中!ENOTECA ITALIANA


http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2/pubblica/esc_en.html


nobufico at 03:30|PermalinkComments(1)

2009年10月28日

DOC パッシート・ディ・パンテッレリーア リクオローゾ

RIMG1970 
名称パッシート・ディ・パンテッレリーア・リクオローゾ
収穫年2006年
カテゴリーDOC
品種モスカート(たぶん)
生産地域シチリア州
生産者 PELLEGRINO社
OP9  
コメントまさに白桃の完熟したような香りがひろがるデザートワイン。ほんとうまい。

先日、パッシート・ディ・パンテッレーリアというこの甘口ワインを味見しました。シチリアのカテゴリーに属するけども、実際はシチリアの南、アフリカ大陸にほど近い(約70km)というパンテッレリーアという島の特産甘口ワインです。イタリアの甘口デザートワインというと、トスカーナのヴィン・サントも有名だけど、それに劣らない人気があるみたい。フルーツコンポート、完熟した桃の香り、酸味と繊細さもともなっていて美味い。自分の好みかも知れないけど、他の生産者のものはこれほどでもなかったかなぁ。まあ、もし機会があったら、試してみてくださいな!

nobufico at 00:49|PermalinkComments(24)TrackBack(0)