シチリア

2013年06月22日

DOCG チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア・クラッシコ“バロッコ” AVIDE

IMG_7718
名称Cerasuolo di Vittoria Classico DOCG "BAROCCO"
収穫年2005年
カテゴリーDOCG
品種ネロ・ダーヴォラ種70%、フラッパート種30%
生産地域シチリア州ラグーザ県
生産者AVIDE
料理子羊のグリル、牛の赤ワイン煮など、半熟成〜熟成チーズ
コメント黒みがかったガーネット色、スパイス、黒胡椒、熟したプラム、ブラックベリー、柔らかみ、しっとりと深いコク、飲み頃
シチリアの赤ワインのご紹介です。

シチリア唯一のDOCGワイン、チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア。

チェラスオーロとはブドウの品種の名前ではなく、シチリアで“赤”の意で、アブルッツォ州などではロゼの色合いを指す言葉。《アブルッツォの方言のcirasceチラシェ(ciliegiaチリエージャ⇔チェリー、さくらんぼ)から来ているとのこと。》

1973年にDOC登録後、2005年にDOCGの認定となりました。そのDOCG(統制保証原産地呼称法)では、

ネロ・ダーヴォラ種を50〜70%、フラッパート種を30〜50%で構成することが義務付けられています。

ヴィットーリアを中心とするラグーザ県、カルタニセッタ県やカターニア県の一部において生産。

収穫翌年の6月より市場販売が可能。
今回のアヴィデのようなクラッシコタイプは古くからのより狭いエリアでの生産で収穫後2年目の4月より市場販売が可能になります。

sicilia1


















sicilia2
















sicilia3

















1882年から続くデモステネ家のワイナリーAVIDEのチェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア・クラッシコは砂質、赤土の水はけのよい土壌の古い樹齢の畑から生産されるブドウを使用。醸造後、フランス製のバリックで8〜12ヶ月の熟成。その後、18ヶ月から24ヶ月のボトル内での熟成貯蔵後出荷となります。
エノテカに入っている今回のヴィンテージは2005年なので、実際はさらに時間をかけた後に出荷しているようです。飲み心地のよさ、ゆったりとした熟成でまとまりがあり、凝縮感のあるボリュームをスムーズに味わうことができる状態でした。


consorziocerasuolodivittoria









チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア生産組合

famiglia_04










avide-logo1
シチリア、ラグーザの情熱!


お知らせ
7月21日(日)に大阪で行われるイタリアワインイベント“カンサイタリー”に参加します。→
詳しくはコチラ

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 14:21|PermalinkComments(84)TrackBack(0)

2011年08月15日

DOC コンテッサ・エンテッリーナ ビアンコ “キアランダ” DONNAFUGATA

Immagine%20005(1)
名称Contessa Entellina DOC Bianco "CHIARANDA'"
収穫年2007年
カテゴリーDOC
品種アンソニカ種、シャルドネ種
生産地域シチリア州パレルモ県
生産者DONNAFUGATA
料理トマトベースのパスタ、きのこ、野菜や魚介ベースのプリモ、魚の燻製、白身肉
コメントやや濃い麦わら色、ミネラル、パイナップル、桃、蜂蜜、少しバター、ヴァニラ
シチリア州より、ふくよかかつ洗練されたミネラル感あふれる白です。シチリアでは、赤、白ともに多くのぶどう品種が栽培されてます。今回のDOCはコンテッサ・エンテッリーナという地区で、シチリア島の西側パレルモ県にあります。
ワインに使用されているアンソニカという品種はインゾリアとも呼ばれる品種の一つです。(僕の印象では、通常シチリアではインゾリアと呼ばれることが多いと思います。)トスカーナのシエナの南西(海側)でもアンソニカが生産され、Ansonica Costa dell'Argentario DOC や Elba DOC のアンソニカ種がDOCであります。つまり全国的にはシチリア方面とトスカーナで見られる白品種です。清涼感のある、ミネラルを感じる切れの良い白というイメージでしょうか。(トスカーナではインゾリアとは呼ばないと思います)

DOCコンテッサ・エンテッリーナの白はワイン法にて、50%以上このアンソニカを使用することが義務付けられ、85%以上でアンソニカと副表示がつくようです。シャルドネ種のほかに、カタッラットやグレカニコ、グリッロなどとのブレンドもあるようです。

試飲したワインは国際的に知られたワイナリー『ドンナフガータ』のボトルで、地元品種アンソニカ(インゾリア)と国際品種シャルドネの融合のボトルです。(赤でも土着ネロ・ダーヴォラ種とカベルネ・ソーヴィニョン種のタンクレディというボトルがあります)
単純なシャルドネのボリュームのインパクトだけではないアンソニカのミネラルや清涼感がふくよかな旨みのシャルドネを支えてよいバランスとなっているセレクションです。
ドンナフガータは日本でもラベルの特徴や質の高さから知名度はかなりあるように思います。ドンナは女、フガータはフガーレという動詞の過去分詞で『逃がされた』という意味です。その昔この土地に亡命した姫(→確かではないですけどたぶん姫)がいて、そこからつけられた名前だったと記憶しています。
キアランダはダにアクセントがあります。ブドウ畑の名前のようです。
日本でも手に入るシチリアのブレンド白、機会があればお試しください。

ドンナフガータのワインが提供されたパーティ 2010年6月3日

エノテカで売っているDONNAFUGATA社のワイン
 
ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA


↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 06:28|PermalinkComments(19)TrackBack(0)

2010年08月08日

IGT シチリア “ラヴィコ” DUCA DI SALAPARUTA

RIMG4900
名称sicilia IGT "LÀVICO"
収穫年2004年
カテゴリーIGT
品種ネレッロ・マスカレーゼ種主体
メルロー
生産地域シチリア州
生産者DUCA DI SALAPARUTA社
料理肉系パスタ、肉のロースト、子羊のラグサーナ(シチリアの牛乳から造る硬質チーズ)風味など
コメント深いルビー色、ワラ、木の皮の香り、カシス、しおれたバラ、汗っぽい香り、なめし皮、インク、ソフトで滑らかな飲み心地
シチリアIGTのワインです。ワインバーでの仕事以外でもボトルの在庫管理の仕事もありますが、その中で気になっていて飲んでみたかったのが、このネレッロ・マスカレーゼという品種のワインです。イタリアには数多くのブドウ品種が存在しますが、ネレッロ・マスカレーゼはシチリアのカターニア(サッカーの森本選手のチーム)やシラクサ、メッシーナなどの地区で主に栽培されているものです。地元では知られている品種だと思いますが、トスカーナではイタリア人に言ってもピンとこない人がほとんどだと思います。今回ピンとくる人になりたいので飲むことにしました笑
強引にグラスワインリスト入りさせました^^
この品種、DOCではエトナや、ファロなどに使われているようです。
http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2/pubblica/vino
/vitigni--297/esc_en.html?pagina=1


気になっていたとはいえ、あまり期待していたわけではないんですが、予想以上に良いワインでした。独特の野生味のある香りと柔らかい果実のボリュームバランスが素晴らしく価格も抑えてあるので好印象です^^
DUCA・DI・SALAPARUTA社はシチリアの人気ワイナリーの一社で年間1千万本以上のワインを生産しています。今回のワインの他にもパッソ・デッレ・ムーレというネロ・ダーヴォラ種主体のものも飲みましたが、とても丁寧な造りで美味しいです。何よりどちらも10ユーロ前後というのが素晴らしい^^もちろんもっと高価なワインも造ってますけど、十分楽しめるレベルにあります。

個人的に南のイタリア品種で気になるものは、他にもピエディ・ロッソというカンパーニアでよく造られる品種やネグロアマーロ(プーリアなど)でしょうか。前者はアマルフィ(日本人観光客が増えている)やラクリマ・クリスティ、ソロ・パーカなどのDOCを産出。後者はサリーチェ・サレンティーノ、ブリンディジなど。昔は結構ナメていましたが、ピエディ・ロッソ種のコスタ・ダマルフィ(ディ・アマルフィ)のDOCワインのリゼルヴァで、めちゃめちゃ美味しくてぜひご紹介したいワインもありました。^^;また次回に!

エノテカで売っているDUCA DI SALAPARUTA社のワイン
 
http://www.enotecawineshop.it/w2d3/v3/view/
enotecawineshop/ricerca.html?nome_vino=&prezzo_da=&prezzo_a=&anno_da=&anno_
a=&select_tipo=&select_regione=&nome_
produttore=DUCA+DI+SALAPARUTA&btn_cerca_
shop=cerca


ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2="_blank">

nobufico at 04:18|PermalinkComments(31)TrackBack(0)

2010年02月16日

IGT シチリア ヴェスコ・ロッソ

RIMG4351
名称sicilia IGT nero d'avola cabernet sauvignon "vesco"
収穫年2005年
カテゴリーIGT
品種ネロ・ダーヴォラ
カベルネ・ソーヴィニョン
生産地域シチリア州
生産者CANTINE RALLO社
料理肉ベースのクロスティーニやパスタ
肉のグリル
コメントカシス、プラム、黒糖、中程度のボリューム
シチリア州の土着品種の1つ、ネロ・ダーヴォラとカベルネ・ソーヴィニョンの混醸ワインです。黒糖のような甘いコクのある香りが印象的で、アルコールも13、5パーセントとやや高めのミディアムボディのワインです。最近シチリアの赤ワインを試飲する機会が多いですが、北から南までバラエティに富んだワインがそろっているのはイタリアのいいところだなあと思います。常に同じ好みってこともありますけど、たまには異なる味わいのものも試してみると、色んな発見があるかもしれません。

ただいま研修中!ENOTECA ITALIANA

http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2="_blank">

nobufico at 02:56|PermalinkComments(13)TrackBack(0)

2010年02月11日

IGT シチリア リベカ

RIMG4357
名称sicilia IGT perricone "ribeca"
収穫年2007年
カテゴリーIGT
品種ペッリコーネ種
生産地域シチリア州
生産者FIRRIATO社
料理肉・チーズ系のリゾット、パスタ
コメントふちが紫がかったガーネット色、フレッシュな赤い森の果実、チェリー、イチジク、ぶどう、ピンクペッパーなどのスパイス感、十分なタンニン、ほど強いアルコール感、バランスの良いワイン
シチリアのペッリコーネという品種から造られたワインです。今回初めて知った品種ですが、別名ピニャネッロとも呼ばれ、シチリア島の色々な地区で造られているようです。2007年ということで、まだ若々しいフレッシュなタンニンを感じ、とてもバランスよくできていて本当に美味しかったです。

ただいま研修中!ENOTECA ITALIANA

http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2/pubblica/esc_en.html


nobufico at 02:55|PermalinkComments(25)TrackBack(0)