バジリカータ

2012年12月06日

DOC アリアニコ・デル・ヴルトゥレ “ラ・フィルマ” CANTINE DEL NOTAIO 

VULTURE
名称Aglianico del Vulture DOC "La Firma"
収穫年2007年
カテゴリーDOC
品種アリアニコ種
生産地域バジリカータ州ポテンツァ県
生産者CANTINA DEL NOTAIO社(FACEBOOK有り)
料理セコンド全般、味わいのしっかりした肉の赤ワイン煮込み、熟成チーズ
コメント黒チェリー、甘草、熟したプラム、ブラックペッパー、凝縮感のある、柔らかみ、強く重たい、しなやか、心地よい苦味と渋み、アルコール
皆さんこんにちは!今年も12月に入り、残すところ1ヶ月を切りましたね!シエナは初雪こそまだですが、かなり寒くなってきて本格的な冬到来といった感じです。
シエナの街もクリスマスのイルミネーションで彩られて、このシーズンならではの雰囲気で綺麗です。昨日は同僚とクリスマスのために社員にワインを配る企業にワインを配達してきました。2本入り箱170箱、3本入り85箱、6本入り35箱です!いい会社だなぁ^^

さて今回アップするのは、イタリアの南バジリカータ州の赤ワインです。
バジリカータ州はブーツ型でいうイタリア半島のくるぶしにあたる州です。石の町の世界遺産マテーラも有名。州都ポテンツァの北にあるヴルトゥレ火山に広がる原産地呼称地区がアリアニコ・デル・ヴルトゥレです。

Basilicata

taurasivulture

バジリカータは西にカンパーニア、南にカラブリア、東はプーリアに囲まれている州。今回のアリアニコ・デル・ヴルトゥレはバジリカータ州の海側(南)ではなく北の内陸地区で、カンパーニア州の偉大な赤タウラージ(アリアニコ100%)の生産地区ともさほど遠くありません。

アリアニコ100%でポテンツァ県、リオネーロ・イン・ヴルトゥレとその周辺で生産が認められています。アルコール度の高い(よりしっかりしたボディの)スーペリオーレとスーペリオーレ・リゼルヴァ(樽熟成をよりしっかり行った)ものに限り2010年よりDOCGの登録となっています。数少ないバジリカータの銘柄の中でも誇るべき赤ワインと呼べるものです。

今回のラベルはバジリカータ州の雄、カンティーネ・デル・ノタイオ社のもの。彼らはアリアニコ・デル・ヴルトゥレの生産地区の中でもまさに中心地区で生産を行っているワイナリーで、アリアニコ・デル・ヴルトゥレで4つの赤ワインラベルがあります。バジリカータは白の生産は盛んではありませんが、彼らはフィアーノ、シャルドネ、ソーヴィニョンの混醸のラベルだけでなく、アリアニコを白醸造(ヴィニフィカート・イン・ビアンコ)したものにマルヴァジアやモスカート、シャルドネで構成した白ワインのラベルなども生産。さらに甘口やスパークリングも生産するなど意欲的です。
ラ・フィルマはバリック樽、500L樽で12ヶ月の熟成後、瓶内で12ヶ月熟成後出荷となります。南の太陽をしっかり浴びて熟したアリアニコからなる、アルコール感のあるワイン。食事を通すということもできますが、セコンドのしっかりした味わいの肉料理に照準を絞れるパフォーマンスのある赤といえそうです。渋みや苦味も心地よく、小樽での熟成によってすでにまとまりがあって上品な飲み口でした。バジリカータの土地を感じるアリアニコをご機会があればぜひ!

エノテカで売っているCANTINE DEL NOTAIO社のワイン

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 23:37|PermalinkComments(20)TrackBack(0)

2009年12月17日

DOC アリアニコ・デル・ヴルトゥレ ベル・ポッジョ

RIMG4042   
名称DOC アリアニコ・デル・ヴルトゥレ  
収穫年2003年
カテゴリーDOC
品種アリアニコ
生産地域バジリカータ州
生産者ARMANDO MARTINO社
OP  
コメントプルーン、赤い果実味、土の香り
風味に富んだ切れの良い辛口
長靴に例えるなら、くるぶしあたりに位置するこのバジリカータ州では、信頼できる歴史的文献によると、イタリアで初めて葡萄が導入された丘陵地があるとのことです。生産量、質ともに他の州と比べると目立ちにくい州ですが、かつての王侯貴族の食卓を飾ったとされる伝統ある赤ワインがあり、それがこのアリアニコ・デル・ヴルトゥレです!バジリカータは夏に友人を訪ねに行きましたが、山の上にある小さな町ロトンデッラは本当に温かい人ばかりで、楽しく過ごしました!(若い人もお年寄りも皆すれちがえばチャオと挨拶!例え車だろうと挨拶!ほんとに小さい町)
広大な荒地にも囲まれ、雄大さを感じる土地でした。まさにアリアニコ種(ギリシア伝来を意味し、古代ローマ時代から知られ長熟で力強いワインを生み出す)のイメージ!

ただいま研修中!ENOTECA ITALIANA
http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2/pubblica/esc_en.html


nobufico at 01:18|PermalinkComments(27)TrackBack(0)