マルケ

2012年09月16日

DOC ロッソ・ピチェーノ スーペリオーレ “ロッジョ・デル・フィラーレ” VELENOSI

IMG_4622
名称Rosso Piceno DOC Superiore "ROGGIO DEL FILARE"
収穫年2006年
カテゴリーDOC
品種モンテプルチアーノ種、サンジョヴェーゼ種
生産地域マルケ州アスコリ・ピチェーノ県
生産者VELENOSI社(FACEBOOK有り)
料理ラザーニャ、子豚の丸焼き(ポルケッタ)、子羊のグリルなど
コメントカシス、ブラックチェリー、スミレの花、腐葉土、ココアパウダー、スムーズなアタック、溶けていく印象、まとまりのある果実味、落ち着いた酸味、しなやかな芯のある、飲み頃
みなさんこんにちは!シエナはもはや秋模様で夜は上着が必要なほど涼しくなりました。各ワイナリーではメルローなど早熟のブドウの収穫もはじまっています。
近況ですが、来週は木曜日〜日曜日までフィレンツェでイベントのため忙しくなりそうです。金曜だけはシエナに残り、カンポ広場にある市庁舎で重要な夕食会のサービスの仕事もあります。
イベントもちょこちょこアップしていきたいと思います!

さて今回ご紹介するワインは中部マルケ州の赤の辛口です!原産地呼称ロッソ・ピチェーノDOC。
1968年にDOC登録。(かなり初期ですね)
ブドウ品種規制は、モンテプルチアーノ種が35%〜70%、サンジョヴェーゼ種が30〜50%、地品種が15%まで。(サンジョヴェーゼ85%以上でサジョヴェーゼ表示)
マルケ州のアンコーナ県、マチェラータ県、アスコリ・ピチェーノ県などの広い範囲で生産されます。
今回のボトルは南側アスコリ・ピチェーノ県の生産区にあるヴェレノージ社のものです。

ilcentro

ascolipiceno

アブルッツォ州のDOCGモンテプルチアーノ・ダブルッツォ・コッリーネ・テラマーネのテーラモからも程近いマルケ州の南に位置する地区。西はサグランティーノ種でも知られるモンテファルコのあるウンブリア州が隣接しています。

DOC MONTEFALCO ROSSO 2006
生産者 TERRE DE LA CUSTODIA


DOCG SAGRANTINO DI MONTEFALCO 2004
生産者 MADONNA ALTA


今回のヴェレノージ社の“ロッジョ・デル・フィラーレ”は去年の11月に東京で行ったエノテカイタリアーナのセミナー&試飲会でも醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏とエノテカイタリアーナのセレクトとしてリスト入りしたボトル。モンテプルチアーノとサンジョヴェーゼで、18ヶ月のバリック熟成。味わいは繊細かつ芯のあるワインで、やさしく柔らかい口当たり。味わいのバランスがすばらしく、コストパフォーマンスもかなり良いと思います。

ヴェレノージ社は1984年から自社生産を始め、93年にこのロッジョをリリース。一躍全国にロッソ・ピチェーノの名を知らしめる重要なラベルとなりました。ほかに約20ラベルほどのラインがあり、白用のペコリーノ種、ヴェルディッキオ種、シャルドネ種、パッセリーナ種、DOCGオッフィダ(ペコリーノ)や赤ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバDOC、アブルッツォ州の畑ではモンテプルチアーノ・ダブルッツォなど、さまざまなボトルを生産しています。
デツィ社もお気に入りですがヴェレノージの今回の赤も秀逸!

DOC ROSSO PICENO SUPERIORE "CAMPO DELLE MURA" 2003
生産者 MONCARO

DOC LACRIMA DI MORRO D'ALBA 2007
生産者 LUCCHETTI


IGT MARCHE ROSSO "REGINA DEL BOSCO" 2004
生産者 FATTORIA DEZI

 
お知らせ
9月20日〜23日にフィレンツェで行われるEXPO RURALE2012のイベントにエノテカイタリアーナとして参加予定。→
EXPO RURALE 2012公式サイト(イタリア語)

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 08:00|PermalinkComments(15)TrackBack(0)

2011年08月19日

IGT マルケ・ロッソ “レジーナ・デル・ボスコ” FATTORIA DEZI

IMG_1502
名称Marche IGT rosso "REGINA DEL BOSCO"
収穫年2004年
カテゴリーIGT
品種モンテプルチアーノ種100%
生産地域マルケ州アスコリ・ピチェーノ県
生産者FATTORIA DEZI社
料理赤身肉、肉の煮込み料理
コメント柔らかみのあるアタック、赤黒系果実、まとまりと丸みのある、少し野菜香、ビターチョコレート、枯葉、繊細なタンニン、少ししっとりした印象、上品さ、飲み頃
マルケ州のからIGTの赤をご紹介します。マルケ州の赤というと、あまり名前が出てこない方も多いかもしれませんが、DOCGコーネロやDOCロッソ・ピチェーノなどが知られています。(ラクリマ種も独特な土着品種であります。ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ
主にサンジョヴェーゼ種とモンテプルチアーノ種から生産される赤が多いようです。
今回のボトルはマルケを代表するワイナリーの一つでもあるDEZI社のIGTの赤で2年バリック熟成のモンテプルチアーノ100%です。モンテプルチアーノ種はサンジョヴェーゼ種などと比べるとより柔らか味や果実のコク、しっとりした印象を感じます。レジーナ・デル・ボスコ(森の女王)という名が付けられたボトルでしたが、上品さ、柔らかみ、とても洗練された造りで美味しかったです。まさに飲み頃といったバランスの良さを感じる状態でした。

エノテカで売っているマルケ州の赤の辛口ワイン
 
ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA


↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

お蔭様で、『にほんブログ村』のワインブログランキング1位(733サイト中)になりました!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 07:39|PermalinkComments(24)TrackBack(0)

2011年02月10日

DOC ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ クラッシコ リゼルヴァ

RIMG0057
名称verdicchio dei castelli di jesi classico riserva DOC
収穫年2003年
カテゴリーDOC
品種ヴェルディッキオ種
生産地域マルケ州
生産者MONCARO社
料理魚介系全般(リゾットやパスタ、魚のグリル)
コメント落ち着いた麦わら色、熟した洋ナシや桃の果実実、ミルクティー、アルコール感、黄色い花、樽からくる上品なヴァニラ香、蜂蜜、柔らかくエレガントな味わい
今回はトスカーナ州の東に位置するマルケ州(トスカーナがイタリア半島のブーツの”すね”だとすると裏側のふくらはぎに位置します)を代表する白ワインです。
ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージという長い名前ですが、要は、マルケ州アンコーナ県のやや内陸イエージ周辺で造られる『ヴェルディッキオ種』からなるワインです。ヴェルディッキオ・ディ・イエージ(イエージのヴェルディッキオ種)とシンプルにすればいいのになあ、と思いますが事情があるのでしょう。『イエージの城(カステッロ)のヴェルディッキオ種』という名前になっております。まさに、シロワインです。。。(しーん)

さて、このヴェルディッキオはアドリア海の魚介類と抜群の相性をもつといわれる白ワインです。中部イタリアにおいては最も重要な白の産地といってよいと思います。生産量も約2400万本とかなり多く、世界中にも輸出されています。日本のスーパーやワインショップでボトルが魚のような形のワインを見たことがないでしょうか?それはこのヴェルディッキオの伝統的なボトルです。(しかしながら今では主流とはいえないほど少ないと思います。今回のボトルも普通のボトルです)

また、よくご覧いただくとわかりますが、ラベルに『CLASSICO RISERVA』と表記が確認できます。これらの付加表記は当然意味があるんですが、この2つはまったく別々の意味を持っています。まずクラッシコというのは、クラシック、いわば『伝統的な』、とか『古くからある』、といったニュアンスで使われるイタリア語です。つまりクラッシコというのは、古くからそのワインを造っているワイナリー、地区というような意味になります。ということで新参ワイナリーよりも歴史、伝統があり、昔からブドウ栽培に適した環境の整っている地区という目安になるのです。
次にリゼルヴァですが、リザーヴ、熟成させている期間が無表記のものよりも長いものと考えてください。このリゼルヴァと表記するための法的条件である最低熟成期間というものは各自治体によって違います。このヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージの場合は、最低でも19ヶ月の熟成を経ていないとリゼルヴァボトルとして出荷はできません。その中で木樽での熟成などにより、フルーティでコクのある辛口のワインに、ヴァニラやトースト、スパイスなどの香りが加えられてまた違う風味のワインに仕上がるのです。(より美味しいとはいいません、好みや状況にもよりますので)

なので、ただのヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージもあればクラッシコと付加表記してたり、今回のようにクラッシコ リゼルヴァだったり、ただのリゼルヴァだったりと多様な種類があるわけです。

ちなみに1年前の2010年の2月には、このヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージの『リゼルヴァ』表記のもの(クラッシコ リゼルヴァも含む)に限り、DOCG(統制保証原産地呼称)の登録が認められました。※同時にイエージよりもさらに内陸のマテーリカ地区のヴェルディッキオ・ディ・マテーリカの『リゼルヴァ』もDOCG認定となっています。

今回のMONCARO社のボトルですが、2003年ものということで白としてはかなり古いですが、色あいも失せず、酸も心地よい、樽のニュアンスも抜群で最高のパフォーマンスでした。エノテカのレストランでお昼を食べた時にたまたま飲んだんですが、思わずこのブログのためにカメラを取りに席を立ってしまいました。エノテカのワインショップで12ユーロ以下です。

イタリアエノテカで売っているVERDICCHIO

http://www.enotecawineshop.it/w2d3/v3/view/
enotecawineshop/ricerca.html?nome_vino=verdicchio&prezzo_da=&prezzo_a=&anno_
da=&anno_a=&select_tipo=&select_regione=&nome_
produttore=&btn_cerca_shop=cerca


ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

http://www.enotecaitaliana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2="_blank">
↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 09:39|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2010年07月24日

DOC ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバ

RIMG4898
名称lacrima di morro d'alba DOC
収穫年2007年
カテゴリーDOC
品種ラクリマ種主体
生産地域マルケ州
生産者LUCCHETTI社
料理サラミ、アンテイパスト、ライトな肉料理、パスタ
コメントフレッシュで豊かなふんわりとした赤い果実味、甘酸っぱいイチゴジャム、スパイス、山椒、花のつぼみ、フローラルでチャーミングな印象、バラ。余韻に心地よい苦味。
イタリアの土着品種“ラクリマ”種を85%以上使用で醸造されるDOCワイン、ラクリマ・ディ・モッロ・ダルバです。イタリアに来てから知ったワインの中でも、特別気に入ったブドウ品種の1つで、しっかりとした個性があり、差別化しやすいワインの一種だと思います。
ダルバといってもバルベーラ・ダルバなどの北イタリアのピエモンテ州のアルバ地方のワインではなくて、マルケ州のアンコーナ県のモッロ・ダルバ地区周辺で造られているものです。
濃いルビー色で、濃密な香り、まろやか。何より第一印象として赤いフレッシュな果実味のほかに芳香性の高い花の香りがあります。本当に花を飲んでるような(笑)。
生産量自体も多くないので、日本には入ってないのかもしれません。(輸入したいなあ)
ルッケッティ社はワインガイド誌VINI BUONI D’ITALIA2010にも登場し、このボトルのスーペリオーレ(ある一定のアルコール度と熟成に達したもの)タイプは4つ星を獲得していました。そちらもぜひ試してみたい^^
ちなみにマルケ代表の白用ブドウ、ヴェルデッキオも栽培しています。

スペイン人の友達サビーナも絶賛?のパフォーマンス、5ユーロ以下!(笑)

エノテカで売っているlacrima
 
http://www.enotecawineshop.it/w2d3/v3/view/
enotecawineshop/ricerca.html?nome_vino=lacrima&prezzo_da=&prezzo_a=&anno_
da=&anno_a=&select_tipo=&select_regione=10&nome_
produttore=&btn_cerca_shop=cerca


ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2="_blank">

nobufico at 02:18|PermalinkComments(26)TrackBack(0)

2010年03月03日

DOC ロッソ・ピチェーノ・スペリオーレ カンポ・デッレ・ムーラ

RIMG0224
名称rosso piceno DOC superiore "campo delle mura"
収穫年2003年
カテゴリーDOC
品種モンテプルチアーノ70%
サンジョヴェーゼ30%
生産地域マルケ州
生産者TERRE CORTESI MONCARO社
料理赤身の肉類
肉ベースのパスタなど
コメント森の赤い果実、プラム、少しスパイス、程よいタンニンの中ボディ
トスカーナ州と同じ中部イタリアの東に位置するマルケ州DOCのワインです。このロッソ・ピチェーノはコーネロと並んで、マルケ州を代表する赤ワインです。
コーネロもピチェーノも、中部イタリアを代表するサンジョヴェーゼ種とモンテプルチアーノ種を混醸して造られます。コーネロの方はモンテプルチアーノ種の比率が85%以上でなければならない規定が設けられています。
マルケ州のワインはまだ日本では知名度が低いですが、ボディもしっかりしたワインを造り出すこともでき、コストパフォーマンスにすぐれたワインがある地区だといわれています。
個人的に普段イタリアで生活する上で、一番摂取してるタイプのワインは間違いなくサンジョヴェーゼ主体のものとか、モンテプルチアーノ主体のものなど、この2品種からなるものだと思います。安くてうまいのが一番ですよね(しっかし最近毎日お酒飲んでるなぁ。。)

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2="_blank">

nobufico at 01:00|PermalinkComments(8)TrackBack(0)