トスカーナ

2013年04月06日

IGT トスカーナ ヴェルメンティーノ・ネーロ “ヴェルネーロ” SCURTAROLA

IMG_6818
名称IGT Toscana rosso"VERNERO"
収穫年2005年
カテゴリーIGT
品種ヴェルメンティーノ・ネーロ種
生産地域トスカーナ州マッサ・カッラーラ県
生産者SCURTAROLA
料理猪などのラグーパスタ、豚、牛肉のグリル
コメントブラック・チェリー、プラム、丁子、スパイス、ほろ苦さ、スムーズなアタック、マニキュア、酸味のある香り、動物臭のニュアンス、バランスの良い
皆さん、こんにちは。シエナは春がようやく訪れて暖かい日々が。。。。といいたいところですが、雨の日が多く、それも少し寒い日が続いている状況です!
春らしい日が待ち遠しいです。

7日の日曜日から、いよいよイタリア最大のワインの見本市“VINITALY”(ヴィーニタリー)がヴェローナで始まります。
エノテカイタリアーナの出展ブースは8番トスカーナの16Bスタンドです。
僕は今回もシエナ店舗の残留組(笑)なので初日の日曜日だけの参戦です!
1日ですがいろんな生産者と会える機会なので楽しみです!

さて、今回ご紹介するワインはトスカーナ州の赤辛口。ヴェルメンティーノ・ネーロと呼ばれる今では希少な品種のワインです。

PNG














massacarrara














トスカーナ州10県の最北、リグーリア州と接するマッサ・カッラーラ県のスクルタローラ社。150年ほど前からロリエリ家のファミリーは、このアプアーネ山の麓、コッリ・ディ・カンディア(カンディアの丘)でワイン生産を行ってきました。

ワイン生産における信念は、伝統品種に価値を与えること。
トスカーナワインをエノテカではたくさん試飲してきましたが、強い個性を感じることのできるワイナリーの一つです。国際色を意識した華やかなワイナリーも多い中、地元に密着した個性的なワインを産出します。

第二次世界大戦後葬られた品種でありながら、1987年にロリエリ家は知人の勧告からヴェルメンティーノ・ネーロの品種を育成し、単一で生産を行います。それは彼らの父や祖父が愛したブドウでもあったのです。
こうして1989年、スクルタローラのヴェルメンティーノ・ネーロ、“ヴェルネーロ”が誕生。
生産性はあまり優れていないため、2005年も2056本という少数のみの生産。

ほのかにほろ苦さを感じる果実味が豊かで綺麗な赤です。白もエノテカ取り扱いで2種あり、1981年DOC登録のカンディア・デイ・コッリ・アプアーニとIGTのヴェルメンティーノですがどちらも“地”を感じる白でお勧めです。

このワイナリーは、同僚ソムリエの推しもあるところですが日本にはまだ入っていません。行ってみたいワイナリーの一つでもあります!

機会があればぜひエノテカイタリアーナでお試しください!

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 06:04|PermalinkComments(57)TrackBack(0)

2012年12月26日

IGT トスカーナ “メメント” LE BUCHE

memento
名称IGT Toscana "MEMENTO"
収穫年2007年
カテゴリーIGT
品種サンジョヴェーゼ種50%、シラー種50%
生産地域トスカーナ州シエナ県サルテアーノ
生産者LE BUCHE社(FACEBOOK有り)
料理牛煮込み、ジビエ、熟成チーズ
コメント樽のニュアンスと果実味のバランスが良い、黒みがかった、しっとりと柔らかい、ブラックチェリー、森のベリー類、丁子、あたたかみ、心地よい甘酸っぱさ、上品で心地よい余韻
皆さんこんにちは!今回はトスカーナに戻り赤の辛口ワインのご紹介です。
トスカーナは10県から成っていますが各県でいろいろなワインが存在し、生産されています。ブドウの種類も様々ですが、単一の品種で作られるものもあればブレンドのものもあります。
ブレンドにも色々なタイプがありますが多くの場合は、ある1種のブドウがベースとなっていて補助の役割で他の種が加えられるというパターンです。補助というのは、香りや色合い、渋みを加えるもしくは和らげるなど、本来のベースのブドウだけでは物足りないものを補う意味です。

サンジョヴェーゼは素晴らしいブドウですが100%で作るとタンニンによる渋みや酸味がとても刺激的です。そのままではなかなか飲みづらい。ではどうするか。
A、熟成させる
B、他のブドウを混ぜて柔らげる。

Bの発想で生まれたのがキァンティです。

トスカーナ州スーヴェレートのペトラ社のジンガリやシチリアのフィッリアート社のクアテルというラベルなどは4つの品種が25%ずつという配合。
50%ずつの配合で有名なトスカーナワインだと、まず浮かぶのがその名も50&50(チンクワンタ・エ・チンクワンタ)というラベル。カパンネッレ社とアヴィニョネージ社のコラボで生まれたスーパートスカーナでサンジョヴェーゼとメルローのボトルです。また貴族マッツェイ家フォンテルートリのシエピというラベルも同じくサンジョヴェーゼ+メルローのボトル。前者、後者ともトスカーナワインの中でも特に高価なワインのものです。

さて今回、ジュゼッペ&リッカルド・オリーヴィが設立したレ・ブーケ社の“メメント”というラベル。サンジョヴェーゼに、トスカーナとしてはまだまだ認知度は高くないシラー種を50%ブレンドしています。
カベルネ系やメルローなどの品種はサンジョヴェーゼにブレンドされることには何の違和感も覚えなくなってきましたがサンジョヴェーゼ+シラーというブレンドはあまり見かけません。トスカーナのシラーは以前100本目記事で取り上げたダル・チェロ社のクラニスなどアレッツォ県のコルトーナではシラー種の名醸地としてすでに成功を収めていますが他の地区では試みる生産者は多くないのです。
サンジョヴェーゼとシラーの50%ずつのブレンドですが、サンジョヴェーゼへの補完というよりもよりクリエイティヴで芯のあるワインを創りあげる目的でのブレンドといえそうです。サンジョヴェーゼの個性だけではなくシラー種のもつ厚み、香り、果実味を加えてまとめ上げたワインです。シラー種は225Lバリック樽、サンジョヴェーゼ種は500Lの樽にて熟成。(どちらも新樽か2度目の樽。)熟成後ブレンド、ボトル詰めして12ヶ月〜18ヶ月の貯蔵。
2つの異なる品種が見事に一体化してお互いを高めあっているようなワイン。

sienasarteano
シエナ県の南東。モンテプルチアーノよりもさらに先のサルテアーノ。シラーの生産の盛んなコルトーナもそれほど遠くありません。

sarteanomontepuluciano

レ・ブーケ社参加のワークショップINエノテカの過去記事→コチラ

レ・ブーケ社は他にもヴェルディッキオを使った白や、トスカーナ古代品種プニテッロのボトルも生産しています。
先日フィレンツェ郊外で行われたガイド高評価のトスカーナワインを集めた試飲会でも登場していました。ご機会あればぜひ!

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 08:23|PermalinkComments(30)TrackBack(0)

2012年10月22日

第10回トスカーナワイン選考会“セレツィオーニ・デイ・ヴィーニ・ディ・トスカーナ”のご報告!!


IMG_4881
皆さんこんにちは!今回は12日(金)〜14日(日)にかけておこなわれた第10回SELEZIONI DEI VINI DI TOSCANA(セレツィオーニ・デイ・ヴィーニ・ディ・トスカーナ、トスカーナワイン選考会)のご報告です。
2年に一度行われるコンクールで今年は940ラベルのワインが63名の審査委員によって厳正に審査されました。→第9回の記事

IMG_4889
全てのラベルは万が一に備え3本ずつ用意してあり、うち2本はコルクを包む部分も外しておきます。白、ロゼ、甘口はサービス前に冷蔵庫にて管理。

IMG_4886
エノテカ・イタリアーナに全てのボトルが配送され、仕分け、コンピュータ入力などの作業を行ってから会場となるホテルにワインを持ち込み、審査順に整理とブラインドのためのカバー付け。。スタッフ総出での仕事ですが疲れましたー!

IMG_4901

IMG_4897

IMG_4895
審査委員には外国人枠としてモンタルチーノに在住でBANFI社に勤める日本人の宮島さんも招待されています。→バンフィ社参考記事

IMG_4904
こちらはアイス(AIS)のソムリエたち!前回同様各グループに1人の担当。ブショネの疑い(イタリア語ではサ・ディ・タッポ)などボトル替えの対応ソムリエもいます。

IMG_4920
総勢63名の審査員の方々が国内外から集まりました。7人のグループが9列。主にエノロゴ(醸造家)、ジャーナリスト、ソムリエといった構成。ソムリエでは先日、大統領の晩餐会で知り合ったフィザルのソムリエのクリスティアンもいました。ホテルに泊り込みの3日間。トスカーナワイン漬け!

IMG_4907
長い審査を経て、いよいよエノテカスタッフによる集計作業です。1ラベルは7人の1グループで審査。
940×7で6580枚のテクニカルシート!

IMG_4912
夜はホテルで夕食会!右隣はバンフィの宮島さん。左隣はトスカーナDOCG地区カルミニャーノの代表レアルモ・カヴァリエーリさん、醸造家バルバラ・タンブリーニさん、去年セミナーのため来日した醸造家ヴィットーリオ・フィオーレも!嬉しい再会です!

レアルモさんとはカルミニャーノの話で盛り上がりました!なんでも1550年頃にメディチ家のカテリーナ妃がフランスの王家に嫁いだ際に交換された品種苗がカベルネ・ソーヴィニョンとトレッビアーノ(フランス名ユニ・ブラン)だそうです。ユニ・ブランはイタリアの原産種ということなんですね。
また世界で初めてワインの原産地呼称法が施行された地区(1716年)でもあります。
次はカルミニャーノで会う約束も!
関連記事“トスカーナIGTポッジョ・デ・コッリ PIAGGIA”

IMG_4914
準備期間から大変でしたが無事に終了しましたー!ホテルのパーキングから望むマンジャの塔とドゥオーモ。。皆さん本当にお疲れ様でした!
 
お知らせ
11月中旬、東京に一時帰国決定!詳細は次回!


ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 02:33|PermalinkComments(22)TrackBack(0)

2012年07月28日

DOCG キァンティ・コッリ・セネージ リゼルヴァ “カザーレ” CASALE

IMG_4179
名称Chianti Colli Senesi DOCG Riserva "CASALE"
収穫年2006年
カテゴリーDOCG
品種サンジョヴェーゼ種主体
生産地域トスカーナ州シエナ県
生産者CASALE
料理猪肉のラグーパスタ、ビステッカ
コメント凝縮感のある果実味、野性味あるチェリー、腐葉土、きのこ、けもの臭、アルコール、しっとりした、心地よい酸味、花火のような火薬の香り
シエナの地元のワインの1つで赤の辛口、キァンティ・コッリ・セネージのご紹介です。コッリ・セネージとはキァンティのSOTTOZONA(ソットゾーナ)の1つです。
※ソットゾーナは地域を限定した際の副表示

地域(ZONAゾーナ)→小地域(SOTTOZONAソットゾーナ)→区(COMUNEコムーネ)→土地(LOCALITA'ロカリタ)→畑(VIGNAヴィーニャ)
というように小さくなるにつれ生産地域がより限定されていきます。DOC、DOCGワインの銘柄にはこういった地区を限定した副表示のあるものがあります。→参考記事「バルベーラ・ダスティ・ソットゾーナ」

docigt

シエナ県、フィレンツェ県、アレッツォ県、プラート県、ピストイア県、ピサ県など広範囲で作られるイタリアで最も生産量の多い銘柄(モンテプルチアーノ・ダブルッツォかキァンティ)でもあるキァンティにはいわゆるノーマルのキァンティの他に、7つのソットゾーナが存在します。
せっかくなのでまとめてみましょう。

Chianti Colli Aretini キァンティ・コッリ・アレティーニ
コッリとは丘のこと。アレティーニとはシエナの東のアレッツォのことです。
要するにアレッツォ県のソットゾーナのキァンティ
サンジョヴェーゼ種が70%〜100%
地域の黒ブドウは30%まで。白ブドウは10%まで。カベルネ系は最大15%まで。
最低アルコール11、5%

Chianti Colli Fiorentini キァンティ・コッリ・フィオレンティーニ
フィレンツェ県のソットゾーナのキァンティ
サンジョヴェーゼ種が70%〜100%
地域の黒ブドウは30%まで。白ブドウは10%まで。カベルネ系は最大15%まで。
最低アルコール12%

Chianti Colline Pisane キァンティ・コッリーネ・ピサーネ
ピサ県のソットゾーナのキァンティ
サンジョヴェーゼ種が70%〜100%
地域の黒ブドウは30%まで。白ブドウは10%まで。カベルネ系は最大15%まで。
最低アルコール11、5%

Chianti Montalbano キァンティ・モンタルバーノ
プラート県とピストイア県のモンテ・アルバーノ山周辺(ヴィンチ、カルミニャーノ)のソットゾーナのキァンテイ
サンジョヴェーゼ種が70%〜100%
地域の黒ブドウは30%まで。白ブドウは10%まで。カベルネ系は最大15%まで。
最低アルコール11、5%

Chianti Montespertoli キァンティ・モンテスペルトリ
フィレンツェ県、カポルオーゴ南チェルタルド方面のソットゾーナのキァンティ
サンジョヴェーゼ種が70%〜100%
地域の黒ブドウは30%まで。白ブドウは10%まで。カベルネ系は最大15%まで。
最低アルコール12%

Chianti Rufina キァンティ・ルフィナ
フィレンツェ県、北東部ムジェッロ方面のソットゾーナのキァンティ
サンジョヴェーゼ種が70%〜100%
地域の黒ブドウは30%まで。白ブドウは10%まで。カベルネ系は最大15%まで。
最低アルコール12%

そして今回のワイン

Chianti Colli Senesi キァンティ・コッリ・セネージ


ですが、他の地区と法律的には微妙に異なっています。
シエナ県のサンジミニャーノ、カステルヌオーヴォ・ヴェラルデンガ、モンテリッジョーニ、モンタルチーノモンテプルチアーノ、ピエンツァ、シナルンガ、キウージ、などの区域で生産されるソットゾーナのキァンティ

サンジョヴェーゼ種が75%〜100%
地域の黒ブドウは25%まで。カベルネ系は10%まで。白ブドウは不可。(※ただし2015年までは白ブドウ、トレッビアーノとマルヴァジアの使用を10%まで認める)
最低アルコール12%

ということでコッリ・セネージに関しては白ブドウの使用が禁止になっていて、よりキァンティ・クラッシコに近い法律基準へと移行しているようです。

png

サンジミニャーノの生産者からモンテプルチアーノの生産者までキァンティ・コッリ・セネージの畑は広がっています。
カザーレはシエナとサンジミニャーノ間にある地元で代々続く生産者でオーガニックでブドウを栽培、まさに地ワインのキァンティを作りつづけています。

collalto


エノテカで売っているChianti Colli Senesi

エノテカで売っているChianti Colli Aretini

エノテカで売っているChianti Colli Fiorentini

エノテカで売っているChianti Colline Pisane

エノテカで売っているChianti Montalbano

エノテカで売っているChianti Montespertoli

エノテカで売っているChianti Rufina

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 07:46|PermalinkComments(15)TrackBack(0)

2012年05月21日

IGT トスカーナ “デディカート・ア・ヴァルテル” POGGIO AL TESORO

IMG_3277
名称Toscana IGT Rosso "DEDICATO A WALTER"
収穫年2006年
カテゴリーIGT
品種カベルネ・フラン種
生産地域トスカーナ州リボルノ県ボルゲリ
生産者POGGIO AL TESORO社(FACEBOOK有り)
料理サラミ、熟成チーズ、牛肉の赤ワイン煮、仔羊
コメント濃いルビー色、熟したプラム、青くさみ(ベジタル)、黒胡椒、カカオ、チョコレート、アルコール、土っぽさ、余韻長め、エレガント
トスカーナのボルゲリ地方よりIGTトスカーナのカベルネフラン種のご紹介です。
カベルネ系は芯のある味わいのワインで特有の青くささなどの野性味も奥ゆかしいワイン。今回のボトルはフランス製のバリック(225L)樽で18ヶ月の熟成。さらにいえば、このラベルには毎年新しい樽を使うことでより木の風味がよりワインに定着するような造りにしています。その後ボトル詰めしさらに1年の熟成を経て出荷。とにかく畑の管理から収穫までブドウ一粒に対するケアを徹底していてより洗練された味わいへの追究をおこなっています。

ポッジョ・アル・テゾーロ社は、ヴェネト州ヴァルポリチェッラの重鎮ワイナリーであるアッレグリーニ家所有のボルゲリワイナリー。アッレグリーニ社とアメリカのイタリア人ワイン商のレオナルド・ロ・カショとのプロジェクトでボルゲリに設立されました。マッキオーレより購入した70hの畑にて、海の近くのユニークな土壌・気候条件のもと、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、シラー、ヴェルメンティーノ(白)など極めてハイレベルなワイン造りを行っています。
アッレグリーニ記事
マッキオーレ記事

bolgheri

原産地呼称ボルゲリとしては、赤の場合カベルネ・ソーヴィニョンかメルローかサンジョヴェーゼ主体のものとなりDOC名でのリリースではなくIGTとなっています。
ボトル名のデディカート・ア・ヴァルテルは“ヴァルテルに捧げる”という意味合いで、夢であったこの土地でのワイン造りに尽力したヴァルテル・アッレグリーニ氏の名が刻まれたトップ・キュベというべきワイン。WALTERは英語や日本語で読むとワルテルやウォーターというような読みになりますがイタリア語ではヴァルテルと読みます。※イタリアカルチョにゼンガという名ゴールキーパーがいましたが彼の名もヴァルテル・ゼンガです。

奥ゆかしさ、上品さを兼ね備えた柔らかく余韻が続くボリュームのある赤、機会があればお試しください。

エノテカで売っているPOGGIO AL TESORO社のワイン

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 00:32|PermalinkComments(28)TrackBack(0)