IGT

2012年09月05日

IGT コルヴィーナ・ヴェロネーゼ “クレサッソ” ZENATO

IMG_4580
名称IGT Corvina Veronese  "CRESASSO"
収穫年2005年
カテゴリーIGT
品種コルヴィーナ・ヴェロネーゼ種100%
生産地域ヴェネト州ヴェローナ県
生産者ZENATO社FACEBOOK有り
料理しっかりした味付けの肉ロースト、グリル、サラミ、熟成チーズ
コメント凝縮感のある果実、ブラックベリー、青くさみ、まとまりのある、しっとりと柔らかい、アルコール、余韻に心地よい苦味、程よいタンニン
皆さんこんにちは!シエナのワイナリーではメルロー種などの収穫が始まっているところもありますが、ここへ来て不安定な天気が続いています。気温も急激に下がったせいか今朝からのどが痛い・・
早く天気が回復してくれるといいのですが。
さて本日はエノテカにフィレンツェの友人が遊びに来てくれました。またちょうど同じタイミングで観光客の日本人の方もいらっしゃったので博物館(ショールーム)を案内しました。すごくワイン好きな皆さんでテイスティングも含めて楽しんでくれたようでよかった!

ほかの近況としては、シエナの中心街のリストランテ「バゴガ」で日本人のグループが来たときはたまに手伝っています。先日は昼11:30に24名が2グループというちょっと無茶なブッキング。(お客さんも添乗員さんも日本人の僕がいることは知りません)。主にドリンク類の注文・サービスをするんですが、片方のグループが10分くらい遅れて来てくれたのでぎりぎり回すことができました。団体ツアーでブルネッロ・ディ・モンタルチーノをグラスで飲めるのはなかなか機会がないのではないでしょうか?(しかもかなり良心価格)このときは気に入って持ち帰りで4本買われた方もいました。
※バゴガ(シェフ)の家族でブルネッロを生産しています。FAGNANIファニャーニという生産者名 柔らかく今から楽しめるタイプ
ツアーの皆さんには、イタリアワインに興味ある方は「イタリアワイン シエナ 鈴木(笑)」で検索してください、とアナウンスもしています。このブログを通じてのイタリアワインのプロモーションといったところでしょうか。明日水曜日も12:00に1グループです^^

では今回のワインのご案内、ヴェネト州ヴェローナ県ヴァルポリチェッラ地区よりIGTの辛口の赤です。DOCヴァルポリチェッラの主要品種コルヴィーナ種を100%使ったフルボディです。

italiav

verona

24ヶ月のフランス製のトノー(中樽500L)熟成。少なくとも1年の瓶内熟成です。コルヴィーナ一本ということで雑味がでないようしっかり丹念に仕上げてから出荷となります。
(トスカーナでもサンジョヴェーゼ100%で造るとより渋み、酸味が荒々しくなるのでゆっくりとした熟成が必要になります。)

ワイン名、CRESASSO「クレサッソ」とはCRETAクレータ(粘土質)、SASSOサッソ(石)の造語でこの地区の畑の土壌を表しています。

印象としては、骨太で芯のあるワインでカベルネ系のような野生味、青くささを少し感じます。それでいてアタックはスムーズで余韻に心地よい苦味と渋み。上品な造りを感じさせる秀逸なワインでした。

ゼナート社ではガルダ湖南岸地区ルガーナの白(トレッビアーノ・ディ・ルガーナ100%)、また同スプマンテ・メトード・クラッシコ、コルヴィーナ50%+メルロー50%のIGT「CORMI」。また当然のごとく地元の原産地呼称地区赤ワイン「ヴァルポリチェッラ」も3タイプ生産しています。※ノーマル、リパッソ、アマローネのこと

参考過去記事ワイン
DOC VALPOLICELLA SUPERIORE RIPASSO 2006
生産者 VILLA ERVICE


DOC RECIOTO DELLA VALPOLICELLA AMARONE 1975
生産者BOLLA


DOC COLLI EUGANEI ROSSO "CAPODILISTA" 2004
生産者 LA MONTECCHIA


DOC AMARONE DELLA VALPOLICELLA CLASSICO 2004
生産者 NICOLIS


IGT VENETO CORVINA 2009
生産者 LA COLLINA DEI CILIEGI


通常ヴァルポリチェッラのノーマルは、コルヴィーナが45〜95%(コルヴィノーネ50%まで)、ロンディネッラが5〜30%が基本。他の認可品種も10%まで可

テデスキ社ヴァルポリチェッラ

30% Corvina - 30% Corvinone - 30% Rondinella - 10% Molinara, Rossignola, Negrara, Dindarella


チェーザリ社
75% Corvina - 25% Rondinella

マージ社
70% Corvina - 20% Rondinella - 10% Molinara

などとなっていますが、ゼナート社ではヴァルポリチェッラ・クラッシコに限ってコルヴィーナ80%、ロンディネッラ10%の他になんとサンジョヴェーゼが10%含まれています。珍しい!

エノテカで売っているZENATO社のワイン
 
ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 07:23|PermalinkComments(23)

2012年08月29日

IGT ロッソ・デル・サレント “ネーロ” CONTI ZECCA

IMG_4565
名称IGT rosso del salento "NERO"
収穫年2007年
カテゴリーIGT
品種ネグロアマーロ種70%、カベルネ・ソーヴィニョン種30%
生産地域プーリア州レッチェ県レヴェラーノ
生産者CONTI ZECCA社(FACEBOOK有り
料理しっかりした味わいのパスタ、肉のセコンド全般、子羊のグリルなど
コメント甘酸っぱい、ジューシーな果実味、イチジクのジャム、チェリー酒、黒糖、カカオ、スムーズ、柔らかみ、上品な、バランスの良い
みなさんこんにちは。エノテカは暑さに負けじと営業中です!先週からフランス人の観光のお客さんがよく来店します。彼らは車でトスカーナにバカンスに来るので、ワインの購入も躊躇ありません。(笑)
また今日はトレントで研鑽を積む日本人ソムリエの友人がフィレンツェで研修中のコックさんを連れて訪ねに来てくれました。同じ業界でのいろんな出会いはお互い刺激になりますね。

さて、今回はプーリア州よりIGTの赤辛口のご紹介したいと思います。プーリア州は南イタリアの州で長靴のちょうどヒール(かかと)に位置している州です。バーリが州都でワインの生産も大変盛んな州です。
“ロッソ・デル・サレント”とは「サレントの赤」の意。サレントとはプーリア州のブリンディジ県・ターラント県・レッチェ県で構成されるアドリア海とターラント湾に挟まれる半島部のことを指しています。


PNG

puglia

lecce

プーリア州の主な赤ワイン用品種

ネグロアマーロ
プリミティーヴォ(プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリア、ジョイア・デル・コッレ)
ネーロ・ディ・トロイア
アリアニコ
ボンビーノ・ネーロ
モンテプルチアーノなど

プーリアの最も重要な土着品種の1つのネグロアマーロ種。レッチェ県とその北ブリンディジ県境のサリーチェ・サレンティーノDOC、レッチェ県コペルティーノDOC、ブリンディジDOCなどネグロアマーロ種主体。(ターラント県リッツァーノDOC、レッチェ県レヴェラーノDOC、ナルドDOCなども産出。)

南らしい開放的で野性味溢れるワイン、ジューシーで甘酸っぱい果実味が特徴としてあるように思います。

その地元品種にカベルネのブレンドということで、深みとコクが加わった一本が今回のコンティ・ゼッカ社の“ネーロ”。カベルネ配合でバリック18ヶ月に3000L樽12ヶ月、瓶内6ヶ月の熟成。
柔らかみや上品さは感じやすく、しっかり樽を使っているわりに木樽の荒々しいニュアンスは感じませんでした。カベルネ特有の野菜香も主張しすぎずバランスの良い、上品でとても魅力ある一本に仕上がっています。

合わせるセコンド料理としては少し甘みのあるソースの肉料理が引き立ちそうです。

コンティ・ゼッカはこの地区レヴェラーノの重鎮ワイナリーで多数のラベルを生産。セレクションとして今回のネーロの他に、赤TERRAテッラ(アリアニコ85%ネグロアマーロ15%)、白LUNAルナ(マルヴァジア50%、シャルドネ50%)、白SOLEソーレ(マルヴァジア90%、モスカート10%)などがあり、プリミティーヴォ種やフィアーノ種の畑もあるようです。

プーリアワイン過去参考記事
DOC SALICE SALENTINO ROSSO "RIMITONE DEI GRECI" 2004
生産者 CANTINE PAOLO LEO

IGT SALENTO "LE BRACI" 2001
生産者 AZIENDA MONACI


DOP GIOIA DEL COLLE PRIMITIVO RISERVA "TURITTO" 2006
生産者 CANTINA GENTILE



エノテカで売っているCONTI ZECCA社のワイン

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 06:38|PermalinkComments(29)

2012年08月22日

IGT ラツィオ ビアンコ “トレ・アルミ” LE ROSE

IMG_4549
名称IGT Lazio Bianco "TRE ARMI"
収穫年2009年
カテゴリーIGT
品種マルヴァジア・プンティナータ種70%、ヴェルディッキオ種30%
生産地域ラツィオ州ローマ県ジェンツァーノ・ディ・ローマ
生産者LE ROSE社(FACEBOOK有り)
料理アンティパスト、魚介のフライ、サーモンクリーム系パスタ
コメントパイナップル、ミネラル、ミカン、丸い果実味、アカシアの花、フローラル
みなさんこんにちは、夏真っ盛りということで、シエナもものすごく暑い日々が続いています。こんなときはワインもよく冷えた白がすすみますよね。今回は、質・価格・ラベルデザイン・話題性で3拍子ならぬ4拍子そろったオススメの白ワインを一本をご紹介します。
トスカーナ州の南、ラツィオ州はフラスカーティ南のジェンツァーノというところにあるレ・ローゼというワイナリーのものでIGTの白です。

genzano

ぶどう品種は地元のマルヴァジア種、マルヴァジア・プンティナータを主体(70%)にマルケ州の白でも有名なブドウ品種、ヴェルディッキオ種30%のブレンドとなっています。

malvasia puntinata
マルヴァジア・プンティナータ
プンティナータというのは点々模様のことを指します。ぶどうに点がついてますよね。
マルヴァジア主体の白は正直あまり馴染みがなかったんですが、香り味わいともにバランスの良いワインを造ってくれます。

他にフィアーノ種100%の“コッレ・ディ・マルミ”、フィアーノ種とヴェルディッキオ種のブレンドの“ラ・ファイオーラ”などもあります。

vino1

vino2

vino3

個人的に日本市場にとても魅力的なワイナリーと思います。

調べたところエノロゴ(醸造家)はかの有名なルカ・ダットーマさんで彼がラツィオ州で唯一受け持つワイナリーだそうです。

エノテカで売っているLE ROSE社のワイン

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 05:32|PermalinkComments(16)

2012年05月21日

IGT トスカーナ “デディカート・ア・ヴァルテル” POGGIO AL TESORO

IMG_3277
名称Toscana IGT Rosso "DEDICATO A WALTER"
収穫年2006年
カテゴリーIGT
品種カベルネ・フラン種
生産地域トスカーナ州リボルノ県ボルゲリ
生産者POGGIO AL TESORO社(FACEBOOK有り)
料理サラミ、熟成チーズ、牛肉の赤ワイン煮、仔羊
コメント濃いルビー色、熟したプラム、青くさみ(ベジタル)、黒胡椒、カカオ、チョコレート、アルコール、土っぽさ、余韻長め、エレガント
トスカーナのボルゲリ地方よりIGTトスカーナのカベルネフラン種のご紹介です。
カベルネ系は芯のある味わいのワインで特有の青くささなどの野性味も奥ゆかしいワイン。今回のボトルはフランス製のバリック(225L)樽で18ヶ月の熟成。さらにいえば、このラベルには毎年新しい樽を使うことでより木の風味がよりワインに定着するような造りにしています。その後ボトル詰めしさらに1年の熟成を経て出荷。とにかく畑の管理から収穫までブドウ一粒に対するケアを徹底していてより洗練された味わいへの追究をおこなっています。

ポッジョ・アル・テゾーロ社は、ヴェネト州ヴァルポリチェッラの重鎮ワイナリーであるアッレグリーニ家所有のボルゲリワイナリー。アッレグリーニ社とアメリカのイタリア人ワイン商のレオナルド・ロ・カショとのプロジェクトでボルゲリに設立されました。マッキオーレより購入した70hの畑にて、海の近くのユニークな土壌・気候条件のもと、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、シラー、ヴェルメンティーノ(白)など極めてハイレベルなワイン造りを行っています。
アッレグリーニ記事
マッキオーレ記事

bolgheri

原産地呼称ボルゲリとしては、赤の場合カベルネ・ソーヴィニョンかメルローかサンジョヴェーゼ主体のものとなりDOC名でのリリースではなくIGTとなっています。
ボトル名のデディカート・ア・ヴァルテルは“ヴァルテルに捧げる”という意味合いで、夢であったこの土地でのワイン造りに尽力したヴァルテル・アッレグリーニ氏の名が刻まれたトップ・キュベというべきワイン。WALTERは英語や日本語で読むとワルテルやウォーターというような読みになりますがイタリア語ではヴァルテルと読みます。※イタリアカルチョにゼンガという名ゴールキーパーがいましたが彼の名もヴァルテル・ゼンガです。

奥ゆかしさ、上品さを兼ね備えた柔らかく余韻が続くボリュームのある赤、機会があればお試しください。

エノテカで売っているPOGGIO AL TESORO社のワイン

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 00:32|PermalinkComments(28)TrackBack(0)

2012年04月14日

IGT トスカーナ アンソニカ “スプレンデンテ” BRANCATELLI

IMG_3106
名称Toscana IGT Ansonica "SPLENDENTE"
収穫年2011年
カテゴリーIGT
品種アンソニカ種
生産地域トスカーナ州リボルノ県
生産者BRANCATELLI社(FACEBOOK有り)
料理アンティパスト、ボンゴレのパスタ、魚介のフライ
コメントライム、青りんご、洋ナシ、心地よい酸で重過ぎないバランスのよい、柔らかく繊細
トスカーナの辛口白のご紹介です。生産地はリボルノ県ヴァル・ディ・コルニアという海沿いでトスカーナでも重要なワイン産地の1つです。スーヴェレートという小さな町とこのヴァル・ディ・コルニア地区はボルゲリの南に位置していて、小山で受け止める海からの風、土壌の質ともに抜群の環境がそろう場所。近年DOCからDOCGへと昇格した地区でもあります。

Suvereto

カベルネ、メルローやシラーなどの赤の生産が盛んですが、白も生産しています。今回のワインは土着の1つ「アンソニカ」種で、シチリアではインゾリアの名でも知られるブドウ品種。主にこのあたりの地区とシチリアで生産されているようです。
すごく香りが豊かで、青りんごや洋ナシをイメージさせる繊細なワインでした。
生産者のブランカテッリ社はジュゼッペ・ブランカテッリというシチリア出身の彼が造り出すワイナリー。メッシーナ近くの畑でワイン業に明け暮れる父の背中をみて育った彼は、22歳のころに家を離れ、海外のレストランで飲食業の道を進みます。時がたち父のワインへの情熱に憧れる思いが強まり、完璧なミクロクリマを誇るヴァル・ディ・コルニアに畑を購入しワイン造りをスタート。そして有機栽培ですべてを行うワイナリーを完成させました。

IMG_3098

IMG_3115
エノテカでのテイスティングイベントの際のジュゼッペ 2012年3月

wijn in hangmat liggend
ブランカテッリのホームページよりすごくリラックスする写真を一枚^^

赤のトップキュベIGTトスカーナ「ヴァッレ・デル・ソーニョ(夢の谷)」です。カベルネソーヴィニョン80%にカベルネ・フラン20%。このやわらかみと繊細さは至高。まさに夢見心地にさせてくれる一本です。

エノテカで売っているBRANCATELLI社のワイン
 
ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 01:27|PermalinkComments(30)