シエナに新ワインショップオープン!エンポリオ・メディテッラーネオ!エミリア・ロマーニャ州カステッルッチョ!その2

2015年04月23日

エミリア・ロマーニャ州カステッルッチョ!その1

皆さん、こんにちは!シエナもいよいよ暖かくなって観光シーズン到来といった感じです。先日は、シエナのワインショップ“エンポリオ・メディテッラーネオ”のワインリスト用と日本へのワイン輸出のお仕事を兼ねて、トスカーナ州の北隣りに位置するエミリア・ロマーニャ州のワイナリー、カステッルッチョ社に日帰りで行ってきました。

このワイナリーは、トスカーナ州グレーヴェ・イン・キァンティのポッジョ・スカレッテ社オーナーであり、長年にわたりイタリア、トスカーナ州のワインの質を向上させその価値を世界に知らしめた著名醸造家ヴィットーリオ・フィオーレ氏が兄弟と数名の出資者とともに所有するもう一つのワイナリーで す。


カステッルッチョ
エミリア・ロマーニャ州 フォルリ・チェゼーナ県 モディリャーナ

logo_Castelluccio







エミリアロマーニャ境界
 











(Wikipediaより)

州名は、州西部から中部にかけての「エミリアイタリア語版地方」と州東南部「ロマーニャ地方」を結んだものである。ロマーニャ地方はラヴェンナ県、フォルリ=チェゼーナ県、リミニ県一帯を指す。

「エミリア」地方は、古代ローマ時代に北イタリアの主要街道であったエミリア街道(Via Amilia)にちなむ。ピアチェンツァとリミニを結ぶ(リミニでフラミニア街道に接続しローマに至る)エミリア街道の名は、建設当時の執政官マルクス・アエミリウス・レピドゥスの名にちなんでいる[4]。「ロマーニャ」地方は、Romania という語から派生したもので、中世初期に東ローマ帝国ラヴェンナを中心としてこの地を支配したことによる。
 

ワイナリーはファエンツァ、フォルリから近いモディリァーナという山岳、丘陵地帯。トスカーナからアペニン山脈をまたいだ反対側というところ。

エミリア










ロマーニャ










当日はシエナより直通バスでボローニャにわたり(約2時間30分)、待ち合わせしたロベルトと合流。ロベルトはヴィットーリオ氏の4人の息子の長男で現在はポッジョ・スカレッテとカステッルッチョの海外(アジア含む)のマーケティングを担当しています。

40分ほどでファエンツァに到着。ランチとなりました。お店はマリアナーツァという評判のお店に。

DSCF3068



















DSCF3079



















DSCF3080











DSCF3070



















Mora Romagnola モーラ・ロマニョーラという地元の希少な豚のサラミ盛り合わせ。フォルリ・チェゼーナ・ラヴェンナあたりの古代豚だそうです。ネットでみてみると飼育されている雌300頭、雄150頭しかいないようです。(チェゼーナはサッカー長友選手が所属していたチーム、この地域の町です。)
まるでシエナの希少黒豚チンタ・セネーゼのようなブランドですね。 初めて知りましたが、旨みを感じる美味しいサラミでした。シエナのショップでも取り扱いたいなー(笑) ロマーニャ地方のサンジョヴェーゼ、サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャをいただきました。ワインは、地域の他ワイナリーのものも味わってみたかったのでZERBINAゼルビーナ社のサンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャDOCスーペリオーレ・リゼルヴァ“ピエトラモーラ”を。

次回はカステッルッチョの最新ワイナリー情報をお届けします!

つづく 

nobufico at 23:53│Comments(0)TrackBack(0) エミリア・ロマーニャ | ワイナリー訪問

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
シエナに新ワインショップオープン!エンポリオ・メディテッラーネオ!エミリア・ロマーニャ州カステッルッチョ!その2