2013年06月

2013年06月22日

DOCG チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア・クラッシコ“バロッコ” AVIDE

IMG_7718
名称Cerasuolo di Vittoria Classico DOCG "BAROCCO"
収穫年2005年
カテゴリーDOCG
品種ネロ・ダーヴォラ種70%、フラッパート種30%
生産地域シチリア州ラグーザ県
生産者AVIDE
料理子羊のグリル、牛の赤ワイン煮など、半熟成〜熟成チーズ
コメント黒みがかったガーネット色、スパイス、黒胡椒、熟したプラム、ブラックベリー、柔らかみ、しっとりと深いコク、飲み頃
シチリアの赤ワインのご紹介です。

シチリア唯一のDOCGワイン、チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア。

チェラスオーロとはブドウの品種の名前ではなく、シチリアで“赤”の意で、アブルッツォ州などではロゼの色合いを指す言葉。《アブルッツォの方言のcirasceチラシェ(ciliegiaチリエージャ⇔チェリー、さくらんぼ)から来ているとのこと。》

1973年にDOC登録後、2005年にDOCGの認定となりました。そのDOCG(統制保証原産地呼称法)では、

ネロ・ダーヴォラ種を50〜70%、フラッパート種を30〜50%で構成することが義務付けられています。

ヴィットーリアを中心とするラグーザ県、カルタニセッタ県やカターニア県の一部において生産。

収穫翌年の6月より市場販売が可能。
今回のアヴィデのようなクラッシコタイプは古くからのより狭いエリアでの生産で収穫後2年目の4月より市場販売が可能になります。

sicilia1


















sicilia2
















sicilia3

















1882年から続くデモステネ家のワイナリーAVIDEのチェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア・クラッシコは砂質、赤土の水はけのよい土壌の古い樹齢の畑から生産されるブドウを使用。醸造後、フランス製のバリックで8〜12ヶ月の熟成。その後、18ヶ月から24ヶ月のボトル内での熟成貯蔵後出荷となります。
エノテカに入っている今回のヴィンテージは2005年なので、実際はさらに時間をかけた後に出荷しているようです。飲み心地のよさ、ゆったりとした熟成でまとまりがあり、凝縮感のあるボリュームをスムーズに味わうことができる状態でした。


consorziocerasuolodivittoria









チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア生産組合

famiglia_04










avide-logo1
シチリア、ラグーザの情熱!


お知らせ
7月21日(日)に大阪で行われるイタリアワインイベント“カンサイタリー”に参加します。→
詳しくはコチラ

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 14:21|PermalinkComments(84)TrackBack(0)シチリア | DOCG