2013年03月

2013年03月18日

IGT ラツィオ “トッレ・エルコラーナ” CANTINA COLACICCHI

IMG_6739
名称Lazio IGT "Torre Ercolana"
収穫年2004年
カテゴリーIGT
品種チェザネーゼ種、カベルネ・ソーヴィニョン種、メルロー種
生産地域ラツィオ州フロジノーネ県アナーニ
生産者CANTINA COLACICCHI社
料理セコンド、野鳥、セミハード〜ハードチーズ
コメント熟したイチゴ、プラム、カシス、黒胡椒、カッフェ、チョコレート、繊細、みずみずしい充実した果実味スムーズなアタック、うまみ、ツヤと透明感、上品でまとまりのある、ほどよくこなれたタンニン、バランスのよい
皆さんこんにちは!3月も後半に入りました!東京などではすでに桜も咲いているのでしょうか?
シエナはまだ夜は寒くて、お天気もぐずついた日々が続いています。早く暖かいシーズンになるといいんですが!

2月はシエナ県各地でワインのアンテプリマという見本市がありました。そのご報告も日を改めて(笑)アップしていきたいと思います。

sienafrosinone













frosinoneanagni













svg















ラツィオ州フロジノーネ県アナーニの生産者コラチッキ社のIGTの赤!
土着品種のチェザネーゼをベースに国際品種のカベルネソーヴィニョンとメルローをブレンドしています。
チェザネーゼはラツィオ注目の土着黒ブドウの一つですが、チェザネーゼ・デル・ピーリオというDOCGも誕生しています。ピーリオはアナーニの北隣の地区です。
“トッレ・エルコラーナ”とはERACLE=ERCOLE=ヘラクレス
ギリシャ神話のヘラクレスの塔というような力の象徴たるワイン名。

2004年のボトルで、まとまりが出てタンニンもこなれ具合が良く、旨みのある洗練された果実味、10年近くの熟成を経てもなおみずみずしさの際立つ味わい深い一本でした。

全国で、土着品種(ヴィティーニ・アウトクトニ)へ国際品種(ヴィティーニ・インテルナツィオナーリ)をブレンドするワインが見られますが、イタリアならではのワインの奥深さを物語ってくれます。

機会があればぜひお試しを!

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 03:13|PermalinkComments(32)TrackBack(0)ラツィオ | IGT

2013年03月06日

特集・植竹シェフと行く美食ツアーその5 最終回・植竹シェフとリストランテのコラボディナー!


皆さんこんにちは!
さていよいよツアー最終回!
バルバレスコ、バローロのワイナリーを巡った夜はホテルの地下にあるミシュラン1ツ星の『グイド・ダ・コスタリョーレ』で夕食会です!
DSC_0116














ホテルRelais San Maurizio Spa Resortのバーラウンジ。

IMG_2603



















地下のリストランテ『Guido da Costagliole』

IMG_2610



















なんと植竹シェフとリストランテのコラボレーションディナー!
コックコートが決まってます!リストランテのシェフ、ルカと。

IMG_2614



















植竹シェフの創り出す料理、オーナーソムリエのアンドレアと相談しながらワインをセレクトしました!

まずはメトードクラッシコタイプのスプマンテ Alta Langa DOCGで乾杯!

そして、白!
ガヴィの名門スコルカ社のセレクションの中のセレクション。
ガヴィDOCGのGdeiG D'Antan 2000!良い年のみの白です。強靭なミネラルとデリケートさ上品さのある気品高いラベル。熟成してなお一層深い味わいに!
gavi











※写真がないのでHPより転載

IMG_2625




















IMG_2628



















ヴィテッロ・トンナート
仔牛肉 ツナマヨネーズ

IMG_2619




















IMG_2638



















3種の肉を詰めたアニョロッティ

IMG_2648



















バルベーラも外せなかったのでコッポ社のエレガントなバルベーラ・ダスティ“ポモロッソ”2006をマグナムで2本!

IMG_2643



















仔豚肉 野菜 マスタードとブドウのソース

メインのお肉には、バローロ&バルバレスコツアーのフィナーレにふさわしく
偉大なバローロ・リゼルヴァを楽しみました!

IMG_2653
名称barolo riserva DOCG "MONFORTINO"
収穫年2002年
カテゴリーDOCG
品種ネッビオーロ種
生産地域ピエモンテ州クーネオ県
生産者GIACOMO CONTERNO社
料理セコンドの赤身肉料理
コメント
バローロ界のまさに重鎮のワイナリーです。トラディショナルな大樽長期熟成(リゼルヴァのモンフォルティーノは7年間)を実践してスケール感のあるバローロを造りだします。
テイスト時の香りをとった瞬間、偉大さを思い知らされました。トリュフのような密度ある芳香性!その力強さに驚きました!
ジャコモ・コンテルノのバローロ・リゼルヴァをマグナムで2本ワインセレクトという立場でオーダーできるというのは、一生に1度あるかないかのようなこと。。
シェフな織り成す繊細かつ旨みのあるお肉料理に、このボリュームのワイン。。いうことはありません!(笑)
大感動のフィナーレにふさわしいラベルでした!
(※前回の記事で僕が指をさしていた場所はこの生産者ジャコモ・コンテルノの位置でした笑)

IMG_2699
















イタリア最後の夜は植竹シェフとツアーコンダクターの柴崎さんとバーでプチ打ち上げ!

翌日ツアーの皆さんはトリノ経由でパリへ向かいました!
参加者の皆さん、ツアーコンダクターの柴崎さん、植竹シェフと“出会い”のある旅でしたので、お別れの際は感極まってしまいました。
皆さんパリも楽しまれたようで良かったです!

本当に個人的にもとてもいい経験をさせていただきました。皆さんに感謝したいと思います!
また今後もイタリアの色んなロケーションで食と土地を満喫できるような旅のお手伝いができるよう精進したいと思います!

日本に戻った際にはツアーの皆さんと植竹シェフのお店で食事会というお話もありました!また会える日まで!

アリーヴェデルチ!

お知らせ
日()〜10日(日)にシエナのカンポ広場で行われるチョコレートのイベント『CiocoSI'』にエノテカイタリアーナとして参加します。


ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!



にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 04:09|PermalinkComments(19)TrackBack(0)エノテカイタリアーナな日々? | ピエモンテ