2012年07月

2012年07月28日

DOCG キァンティ・コッリ・セネージ リゼルヴァ “カザーレ” CASALE

IMG_4179
名称Chianti Colli Senesi DOCG Riserva "CASALE"
収穫年2006年
カテゴリーDOCG
品種サンジョヴェーゼ種主体
生産地域トスカーナ州シエナ県
生産者CASALE
料理猪肉のラグーパスタ、ビステッカ
コメント凝縮感のある果実味、野性味あるチェリー、腐葉土、きのこ、けもの臭、アルコール、しっとりした、心地よい酸味、花火のような火薬の香り
シエナの地元のワインの1つで赤の辛口、キァンティ・コッリ・セネージのご紹介です。コッリ・セネージとはキァンティのSOTTOZONA(ソットゾーナ)の1つです。
※ソットゾーナは地域を限定した際の副表示

地域(ZONAゾーナ)→小地域(SOTTOZONAソットゾーナ)→区(COMUNEコムーネ)→土地(LOCALITA'ロカリタ)→畑(VIGNAヴィーニャ)
というように小さくなるにつれ生産地域がより限定されていきます。DOC、DOCGワインの銘柄にはこういった地区を限定した副表示のあるものがあります。→参考記事「バルベーラ・ダスティ・ソットゾーナ」

docigt

シエナ県、フィレンツェ県、アレッツォ県、プラート県、ピストイア県、ピサ県など広範囲で作られるイタリアで最も生産量の多い銘柄(モンテプルチアーノ・ダブルッツォかキァンティ)でもあるキァンティにはいわゆるノーマルのキァンティの他に、7つのソットゾーナが存在します。
せっかくなのでまとめてみましょう。

Chianti Colli Aretini キァンティ・コッリ・アレティーニ
コッリとは丘のこと。アレティーニとはシエナの東のアレッツォのことです。
要するにアレッツォ県のソットゾーナのキァンティ
サンジョヴェーゼ種が70%〜100%
地域の黒ブドウは30%まで。白ブドウは10%まで。カベルネ系は最大15%まで。
最低アルコール11、5%

Chianti Colli Fiorentini キァンティ・コッリ・フィオレンティーニ
フィレンツェ県のソットゾーナのキァンティ
サンジョヴェーゼ種が70%〜100%
地域の黒ブドウは30%まで。白ブドウは10%まで。カベルネ系は最大15%まで。
最低アルコール12%

Chianti Colline Pisane キァンティ・コッリーネ・ピサーネ
ピサ県のソットゾーナのキァンティ
サンジョヴェーゼ種が70%〜100%
地域の黒ブドウは30%まで。白ブドウは10%まで。カベルネ系は最大15%まで。
最低アルコール11、5%

Chianti Montalbano キァンティ・モンタルバーノ
プラート県とピストイア県のモンテ・アルバーノ山周辺(ヴィンチ、カルミニャーノ)のソットゾーナのキァンテイ
サンジョヴェーゼ種が70%〜100%
地域の黒ブドウは30%まで。白ブドウは10%まで。カベルネ系は最大15%まで。
最低アルコール11、5%

Chianti Montespertoli キァンティ・モンテスペルトリ
フィレンツェ県、カポルオーゴ南チェルタルド方面のソットゾーナのキァンティ
サンジョヴェーゼ種が70%〜100%
地域の黒ブドウは30%まで。白ブドウは10%まで。カベルネ系は最大15%まで。
最低アルコール12%

Chianti Rufina キァンティ・ルフィナ
フィレンツェ県、北東部ムジェッロ方面のソットゾーナのキァンティ
サンジョヴェーゼ種が70%〜100%
地域の黒ブドウは30%まで。白ブドウは10%まで。カベルネ系は最大15%まで。
最低アルコール12%

そして今回のワイン

Chianti Colli Senesi キァンティ・コッリ・セネージ


ですが、他の地区と法律的には微妙に異なっています。
シエナ県のサンジミニャーノ、カステルヌオーヴォ・ヴェラルデンガ、モンテリッジョーニ、モンタルチーノモンテプルチアーノ、ピエンツァ、シナルンガ、キウージ、などの区域で生産されるソットゾーナのキァンティ

サンジョヴェーゼ種が75%〜100%
地域の黒ブドウは25%まで。カベルネ系は10%まで。白ブドウは不可。(※ただし2015年までは白ブドウ、トレッビアーノとマルヴァジアの使用を10%まで認める)
最低アルコール12%

ということでコッリ・セネージに関しては白ブドウの使用が禁止になっていて、よりキァンティ・クラッシコに近い法律基準へと移行しているようです。

png

サンジミニャーノの生産者からモンテプルチアーノの生産者までキァンティ・コッリ・セネージの畑は広がっています。
カザーレはシエナとサンジミニャーノ間にある地元で代々続く生産者でオーガニックでブドウを栽培、まさに地ワインのキァンティを作りつづけています。

collalto


エノテカで売っているChianti Colli Senesi

エノテカで売っているChianti Colli Aretini

エノテカで売っているChianti Colli Fiorentini

エノテカで売っているChianti Colline Pisane

エノテカで売っているChianti Montalbano

エノテカで売っているChianti Montespertoli

エノテカで売っているChianti Rufina

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 07:46|PermalinkComments(15)TrackBack(0)トスカーナ | DOCG

2012年07月23日

DOCG コッリ・エウガネイ フィオール・ダランチョ CAFERRO

IMG_4172
名称Colli Euganei DOCG Fior D'Arancio DOLCE
収穫年
カテゴリーDOCG
品種モスカート・ジャッロ種
生産地域ヴェネト州パドヴァ県
生産者CAFERRO社(FACEBOOK有り)
料理甘菓子類、オレンジのジェラティーナ(ゼリー)
コメントアロマのある甘い香り、みかん、オレンジの皮の香り、ぶどうの香り、アタックに生き生きとした発泡、きれいに柔らかく消える
ヴェネト州より2010年12月に新しくDOCGとなった発泡(白)の甘口ワインのご紹介です。

ヴェネト州パドヴァ県の西のコッリ・エウガネイ地区で生産されるDOCワイン“コッリ・エウガネイ”の中で、モスカート・ジャッロ種からなるデザートと甘口スパークリングがDOCGとして独立したようです。コッリ・エウガネイは1969年から登録のDOC地区で歴史ある名醸地。多種の葡萄から白や赤、スパークリングなどが生産されています。
前回記事「DOCコッリ・エウガネイ・ロッソ “ヴィッラ・カポディリスタ”」

sienapadova

euganei1

パドヴァはヴェネツィアとVINITALYの開催されるヴェローナの間に位置するヴェネト第3の都市。
街の西、このコッリ・エウガネイで(エウガネイは古代ヴェネト人の意)、1950年代よりワイナリーを営むカフェッロ。わずか8ヘクタールの畑から上品で奥深い地元ワインを生産しています。HPに記述がありますが、彼らの生産する国際品種と土着品種の中でも、傑出するワインがデザートワインのパッシートと今回の甘口スパークリング“フィオール・ダランチョ”です。傾向は似ていますが、オレンジの皮のような豊かな香りをもっていて、モスカート・ダスティとはまた違う風味のワイン。余韻も柔らかく甘すぎず丁寧な造りの印象でした。
フィオール・ダランチョは至高のオレンジというようなニュアンスです。(※オレンジの花という意味もあり)目一杯太陽を浴びて完熟した糖度あふれる葡萄から創造される至高のオレンジという白の甘口スパークリング。アルコール6、5%、午後に洋菓子との組み合わせでも楽しめますね。

IMG_4174

IMG_4175

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 03:33|PermalinkComments(20)TrackBack(0)ヴェネト | DOCG

2012年07月12日

DOC リヴィエラ・リーグレ・ディ・ポネンテ ヴェルメンティーノ CALVINI

IMG_3995
名称Riviera Ligure di Ponente DOC Vermentino
収穫年2011年
カテゴリーDOC
品種ヴェルメンティーノ種
生産地域リグーリア州サヴォーナ県
生産者CALVINI
料理レモンを使ったアンティパスト、魚介のフライ、ジェノヴェーゼ
コメント青々しい、爽快な酸、若いフレッシュな、ミネラル、レモンなどのみずみずしい果実味、白い花、スマートなワイン
トスカーナの陸続きリグーリア州のワインをご紹介します。リグーリア州8つのDOCの1つ、リヴィエラ・リーグレ・ディ・ポネンテです。
またちょこっと長ったらしい名前・・。でも意味を考えるとより理解しやすいと思います。
リヴィエラというのは“海岸“という意味。
リーグレはリグーリアの形容詞で“リグーリアの”という意味。
ポネンテは“西側”という意味です。
つまりリヴィエラ・リーグレ・ディ・ポネンテとは、DOC呼称『西リグーリア海岸』ということです。

西があるなら東もある。当然ですが、ポネンテとは逆の東方面“LEVANTEレヴァンテ”もあります。このリグーリアの海岸は州都ジェノヴァを境に西海岸(リヴィエラ・ディ・ポネンテ)、東海岸(リヴィエラ・ディ・レヴァンテ)と分けられています。
西海岸はジェノヴァからフランスの国境手前まで。東はジェノヴァからトスカーナ州手前のラ・スペツィアまでです。

リグーリア(サンレーモ)

ジェノヴァの西サヴォーナ県、インペリア県の海岸にまたがりDOC地区リヴィエラ・リーグレ・ディ・ポネンテは広がっています。品種はヴェルメンティーノのほかピガート、赤でロッセーゼ(いずれも95%以上使用)というものがあります。
以前このDOCではオルメアスコ(オルメアスコ種かドルチェット種主体)というタイプがあったようですが、2003年に別DOCとして独立しました。

アルコール感も重たくなく冷やしてスッキリと爽快な酸と果実味をスマートに味わえる地元の白です。カルヴィーニは代々続く地元農家でサンレーモの市場で丹念に育て上げたフルーツや野菜、オリーヴを販売。弱冠19才にして父を亡くし、家族を支えてきたルイージ・カルヴィーニが1983年より造り出しているのがこのワインです。
いままでも、そしてこれからもこの土地のワインは彼そして彼の家族によって造られていくことでしょう。

エノテカで売っているCALVINI社のワイン
 
お知らせ
7月13日〜15日にトスカーナ、ムジェッロで行われるモトGPにエノテカイタリアーナとして参加してきます。→
詳しくはコチラ

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 06:41|PermalinkComments(19)TrackBack(0)リグーリア | DOC

2012年07月10日

イタリアのガイド“ガンベロロッソ”に紹介されました!

皆さんこんにちは!

先日、エノテカイタリアーナでロゼワインのフェスティヴァルがあったんですが、その報告の記事としてガンベッロロッソのサイトに自分が紹介されました!

gamberorosso1

gamberorosso2

エノテカイタリアーナの日本人ソムリエであり、SOL LEVANTE(ソル・レヴァンテ)日出国から来たイタリアワインブロガーと書いてあります!(笑)

本サイトGambero Rosso


ミシュランより使える?GamberoRosso大解剖(ALL ABOUT)


お知らせ
7月13日〜15日にトスカーナ、ムジェッロで行われるモトGPにエノテカイタリアーナとして参加してきます。→
詳しくはコチラ

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 04:50|PermalinkComments(16)TrackBack(0)