2010年09月

2010年09月28日

ミシュラン2ツ星のレストランでソムリエ



prmiditalia

http://www.iprimiditalia.it/

どうも先週の土曜日にすごくいい経験ができたのでアップしたいと思います。

ウンブリア州でプリモ・ピアット(第一の皿パスタやリゾットなど)のお祭りがあるというので、同僚のルチャーノとウンブリア州フォリーニョへと出発。
またVINITALYの時のようにワインブースでも設置してひたすらサービスしまくるのかと思いきや、意外な展開が。。。。。

なんとシエナ県で最も有名なリストランテの1つで、イタリア中でもその名の知れ渡るミシュラン2ツ星のレストランのブースでのソムリエの仕事だったんです。

リストランテ“アルノルフォ”
http://www.arnolfo.com/?lang=jp
arnolfo

プレッシャー

かなり感じましたが、コックさんたちの中になんと日本人の二人が!
(ツヅキ君、ヨウヘイ君お疲れ様でしたっ!)ツヅキ君とはエノテカで会っていたのでまさかの再会にお互いびっくりしました!そんなこともあって少し緊張からは開放されたんですが仕事は大変でした。

まず7〜8人ほどの円卓が8つ(5、60人くらい)あって、ランチとディナーで2回転づつだったんですが、僕とルチャーノでワインサービスの全てを行いました。
ここまで聞くと、まあ大変だけどそれが仕事でしょって感じですが、このメニューがフルコースなんですが、異例で、全ての皿に一杯のワインが付くメニューだったんです!なんだそりゃ!(ていうか25ユーロは安すぎ)

デザートまででなんと6皿!モダンな創作イタリアンなので量は多くないので調度いいくらいのボリュームです。
しかしながら僕とルチャーノはグラスを補完しながら(というのはグラスを最初から6つ置くスペースも余裕もないということだったんです!)全ての料理に合わせてワインを提供していくというお客さんにとっては夢のようですが、ありえないくらい忙しいサービスをすることに。。
幸い、粗相なくワインをサービスでき(多分;)、忙しかっただけに充実した時間を過ごすことができました。
サービスしたワイン
vernaccia di sangimignano       panizzi
chianti colli senesi riserva       panizzi
chianti classico riserva
vino nobile di montepulciano    canneto
brunello di montalcino             pieri
moscadello 

一回転が50人としても300グラスですから、4回転で1200グラスってことは2人で割って600杯はサービスしたってことでしょうか。。

シェフは中休みにご飯に連れて行ってくれました。すごく穏やかで親しみある方で逆に気を使ってもらっちゃいました^^;

お金ためていつか贅沢なディナーにお邪魔したいところです!
フィレンツェとシエナの間、ややシエナ寄りのコッレというところにレストランArnolfoはあります!  

まさか、脱サラしてワインの勉強に来て、エノテカで働いて、ミシュラン星付きのお店の方たちと一緒に仕事ができるとは夢にも思いませんでした!
とても光栄な時間を過ごすことができました!Grazie mille a tutti!

 RIMG4968


nobufico at 06:40|PermalinkComments(11)TrackBack(0)番外 | ウンブリア

2010年09月22日

DOC コスタ・ダマルフィ・リゼルヴァ “クワットロ・スピーネ”


RIMG4955
名称costa d'amalfi riserva DOC "4spine"
収穫年2006年
カテゴリーDOC
品種アリアニコ種、ティントーレ種、ピエディロッソ種
生産地域カンパーニア州
生産者TENUTA SAN FRANCESCO社
料理熟成チーズ、赤身肉のグリル
コメント深みのあるガーネット色、充実した熟したプラムやベリーの果実味、タンニン、タバコ、スミレ、鉄のような香り、酸味、スパイス、しっかりした構成の辛口赤ワイン
今回のDOCコスタ・ダマルフィ(コスタ・ディ・アマルフィ)はカンパーニア州のDOCワインで、赤白ロゼと生産されていますが、赤はピエディ・ロッソ種(古くからあるラクリマ・クリスティ・デル・ヴェズービオ・ロッソなどにも使用される品種)40%以上、アリアニコ、シャシノーゾで60%以下の混醸が認められています。
場所はサレルノ県、アマルフィ海岸沿いの12の町や村で生産されています。(ナポリからサレルノまでの35kmに及ぶ海岸線、リモンチェッロ用のレモンの栽培も盛んだそうです)
アマルフィは去年、映画の効果もあって日本からの観光も大変人気の場所なのでご存知の方も多いとは思いますが、こんなところでもとても良い品質のワインが生産されているのです!(実はずっとアップしたかったDOC地区でもあります^^)
4SPINE(クワットロ・スピーネ)は4本の棘という意味です。しっかりしたボディとタンニン、酸味のバランス感があり、スパイスも感じる辛口でした!

エノテカでは、今回のテヌータ・サン・フランチェスコ社のほかにアピチェッラ・ジュゼッペ社のDOCコスタ・ダマルフィもありますが、初めて飲んだ時に衝撃を受けたのを覚えています。VINI BUONI D’ITALIAでも最高の4ツ星で、抜群のポテンシャルでした。(costa d'amalfi tramonti rosso "a scippata" 2005   apicella giuseppe)


以下写真は先日のHISのツアーのお客さんとのテイスティング写真です!
(白ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノと赤キァンティの2グラスの試飲で現在週3回のペースでやってます。)

RIMG4951

エノテカで売っているcosta d'amalfi
 
http://www.enotecawineshop.it/w2d3/v3/view/
enotecawineshop/ricerca.html?nome_vino=costa&prezzo_da=&prezzo_a=&anno_d
a=&anno_a=&select_tipo=&select_regione=15&nome_p
roduttore=&btn_cerca_shop=cerca


ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2="_blank">

nobufico at 05:55|PermalinkComments(20)TrackBack(0)DOC | カンパーニア

2010年09月11日

DOC モンテスクダイオ・ロッソ “ロッソ・デッレ・ミニエーレ”

RIMG4942
名称 montescudaio DOC rosso "rosso delle miniere"
収穫年2004年
カテゴリーDOC
品種サンジョヴェーゼ種60%、カベルネ・フラン30%、マルヴァジア・ネーラ10%
生産地域トスカーナ州
生産者FATTORIA SORBAIANO社
料理肉の重厚なソースのパスタ類、肉のグリル
コメント落ち着いた深いガーネット色、熟したベリー系の果実味とカシスの印象、柔らかみとしなやかで温かいアルコール感、スパイス香、ヴァニラ、心地よい余韻のある辛口
日本は酷暑でひどいみたいですが、落ち着いてきたんでしょうか?こちらシエナは少しずつ暑さも和らいでいっているような頃合です。
本日はエノテカイタリアーナにて、イタリアを代表するトスカーナの大手ワイナリーFRESCOBALDI社のミーティングがあって、会議のあとにレストランにて食事していったんですが、ある女性と再会できました。
フレスコバルディの過去記事(2つ前の記事もフレスコバルディのブルネッロです)http://blog.livedoor.jp/nobufico/archives/2661092.html
去年の秋にフィレンツェのワインショップ“エノテカ・アレッシ”にて行われたフレスコバルディとアメリカのロバートモンダヴィ社のコラボのスーパーワイン、“ルーチェ”の試飲会でお会いしたバルバラさんという方です。
バルバラさんはボルゲリのオルネッライアで広報を担当している方で、春にオルネッライアのワイナリーを訪ねに行きたいとメールしたりしていたんですが、お金や時間の都合でお流れになってしまっていました。今回再会できたんで、同僚の友達ともう一度計画を立てる予定です^^;

さて今回のワインはトスカーナ州のDOCモンテスクダイオの赤です。ピサの斜塔で有名なピサ県、モンテスクダイオを中心とする地域で生産され、赤はサンジョヴェーゼ種を50%以上使用することが法律で決められています。
年間生産量は80万本ほどで、多くはないですが、しっかりとした構成の赤ワインを産出できるトスカーナの名醸地の1つだと思います。
林茂さん著の基本イタリアワインによると、サラミ、キノコのパッパルデッレ、豚肉のグリルとも相性が良いと記してありましたが、このボトルはより重たい印象があったので、よりしっかりした料理の方が合うと思いました。
実際アルコール14%で重み、飲み応えがあり、十分な柔らかみもあって美味しかったです。まさにサンジョヴェーゼの果実味とカベルネ・フランの骨太感の融合というんでしょうか。マルヴァジア・ネーラの効果はちょっといまだにツカメナイところがありますので、勉強します^^;
生産者のソルバイアーノはモンテスクダイオの優良生産者の1つです。

エノテカで売っているmontescudaio
 
http://www.enotecawineshop.it/w2d3/v3/view/
enotecawineshop/ricerca.html?nome_vino=montescudaio&prezzo_da=&prezzo_a=&anno_
da=&anno_a=&select_tipo=&select_regione=&nome_
produttore=&btn_cerca_shop=cerca


ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2="_blank">

nobufico at 05:27|PermalinkComments(20)TrackBack(0)DOC | トスカーナ

2010年09月10日

最近のシエナ生活!

どうもブログを覗いてくれている皆さんこんにちは!
イタリア生活も早いもので1年と半年が経とうとしています。エノテカ・イタリアーナのあるシエナという町には今年の5月から住んでいますが、生活には随分慣れてきました。エノテカでの生活以外にも色々なことを始めたので記しておきたいと思います。(あまりプライベートなこと書いてなかったので。。。)
僕の現在の目標はエノテカ・イタリアーナに日本人の観光客のツアーに立ち寄っていただいて、イタリアワインの文化と試飲や食事を楽しんでもらいたいということなんですが、なかなかツアーを企画されている方とのご縁がなく実現できてないというのが現実です。
日本人の団体ツアーの方がシエナの街によくいらっしゃるは知っていて、イタリアワインに携わるものとして何もお手伝いできないのは歯がゆい思いをしていました。
そんな中、軽い気持ちで始めたのが“出張ワインサービス”(笑)です。
つまり日本人の団体ツアー(HISさんやJTBさんなど)のお客様がいらっしゃるレストランにこっちがお邪魔して、トスカーナワインなどのご案内やサービスをするというものです。これが意外とお客さんやガイドさんや添乗員さんからも好評で、今や日本人ソムリエがいる、とか添乗員さんの引継ぎノートに書かれたりしてるそうです。
ツアーのレストランなどでの食事はドリンク別のことも多いみたいなんで、オーダーのやりとりも日本人の僕がいるとやりやすいみたいで^^;
7月頃から、中心街の“バゴガ”というレストランとカンポ広場にある“スパーダ・フォルテ”というレストランでそれぞれお邪魔しています。一期一会の出会いですが、たくさんの人にワインを知ってもらうのは、自分としてもやりがいがあるので楽しくやっています。結構緊張しますけど。。
バゴガは毎週水曜日と金曜日の夕食。スパーダ・フォルテは月曜日に団体のお客様が来るんですが、ふつうに従業員としても時間があるときに働いています。
たまにツアーの皆さんがシエナの街中に宿泊するケースがあって、そんな時は、その夜にオプショナルツアーのようなものを提案して(ボランティアで)希望者の方のみエノテカイタリアーナをご案内して、ある時は僕も一緒にワインを飲んで楽しんだりしています。(そのくらい皆さんに見せたい場所なんですよぉ!)

昨日はお昼はスパーダ・フォルテで団体の方にサービスし、夕方5時頃、中心街のワインショップに出張して、別の30人くらいのツアーの皆さんにミニワインテイスティングをしました。その後レストランでもワインの案内をし、夕食後20名近くの方がエノテカイタリアーナに来てくれて、とても嬉しかったです。

これから、さらにワインの立場からイタリアを楽しんでもらうことができるように、色々考えていきたいと思った次第です^^







nobufico at 03:07|PermalinkComments(28)TrackBack(0)番外