2010年07月

2010年07月03日

7月2日は“パリオ”のお祭り 17地区の壮絶な競馬バトル(ワイロも有り?!)


こんにちは、今回は僕の住んでいるシエナの街で昨日行われた“パリオ”という伝統的なお祭りについて書きたいと思います!

パリオの公式サイト わかりやすい写真はコチラ
http://www.ilpalio.org/paliojapan2.htm


パリオは毎年7月2日と8月16日にシエナ中心にあるカンポ広場で開催され、シエナに住む人たちだけでなく全世界から多くの観光客が訪れる大きなお祭りです。
メインとなるのは最後に行われる競馬のレース。
シエナの街(中心街)は17の地区に分かれていますが、毎回10地区がそのレースに出走できます。前年度に出走しなかった7地区は優先的に出走可能で、残りの3枠は抽選で決まります。
このレースというのが日本人の僕らが想像できないほど、地区ごとの思い入れ、熱意がすごくて、まさに名誉と誇りをかけた戦いなのです。
コントラーダと呼ばれる地区にはそれぞれ動物などのシンボルがあって、その旗を掲げ鼓舞する歌を歌ったり、相手をののしる歌を歌ったりします(笑)
ちなみに僕が住む地区はキオッチョラ(かたつむり)です。遅そうだけど、中世のころから通算50回以上と結構優勝している地区。ちなみに去年走ったので、昨日は出走せず。(残念)RIMG4741

僕の住むキオッチョラ(カタツムリ)地区(サンマルコ) ※家の窓から


ほかには、フクロウやドラゴン、波、塔、雌狼、キリン、などなど。

歴代優勝コントラーダ(歴史を感じます)
http://www.ilpalio.org/vittorie.htm

エノテカでの仕事のあと(パリオのため2、3時間閉店しました!)夕方5時過ぎに友達と中心部に出かけましたが、すごい混雑と炎天下もあり、今回は友達の家でTVで見ることになりました。
各地区の青年たちが伝統衣装を身にまとい、旗を振ったり放ったりして、行進します。TVでもとても威厳を感じましたよ。
しばらくそのような行進があって、それからいよいよレースなんですが、さすが伝統行事。馬は裸、つまり鞍なんかはありません。(騎手はよく落馬しますし、たまに死んじゃうこともあるそうです。)
さらにJRAのレースのような立派な出走ゲートなども用意されるはずがなく、なんと綱一本!シンプルです。(笑)
しかし、いよいよレースという流れになった後、なかなかスタートしません。よく見てみるとその綱に対して正面を向いて並ばなければならないのに、一頭の白馬が堂々と綱と平行に並んでいるではありませんか!
それでもカニみたいに横に走ったら面白いなぁ、なんて見ていましたが、何回並びなおしても平行に位置取りしちゃうんです、この白馬。15分くらい何度もやりなおしても駄目なんで当然観客からもブーイングですが、じつはこういったことも日常茶飯事のようです。

RIMG4780

パリオの出走はとにかくジラされる。イタリアらしいといえばイタリアらしいです。
あるイタリア人は、『おじいちゃんやおばあちゃんはTVで楽しみにパリオのレースを見守るけど、毎回スタートを待ちきれずに寝ちゃう。起きるとパリオが終わっている。』と言っていました。(笑)
皆とはこれでこの迷惑な白馬が勝ったら笑えるね、なんて言ってましたが。

あ、レース結果前にちょっと余談ですが、このパリオのレースは実は世界で唯一ワイロが許されているとされるレースです。とはいえ、そのワイロの駆け引きどおりにレースが進むかどうかは皆わかりません。そういった駆け引きが存在するということらしいです。
出走馬は事前に抽選で決まり、出走前の何日間かはその地区の馬小屋で過ごします。なので評判のいい馬が当たった地区は喜び、評判のよくない馬の地区は落ち込みます。かなり運ですね。
騎手は地区側が雇いますが、当日までは地区の人たちが監視します。(たぶんワイロしないように!?)
実はキオッチョラ(今回出走しない僕の住むカタツムリ地区)の家主のおじさんが今年は青の勝負服の地区が勝つよ、とレース前に僕に断言してました。(馬の良さから言ったのか、ワイロの話からそういったのかはわかりませんが、もう決まっているような口ぶりでした。笑)

レースのスタートは突然でした。相変わらず平行に並んでいる白馬を無視したかのように、いきなりスタートが切られました。大外にいた馬がいいスタートを切って、その迷惑白馬も意外にもすぐさま体勢を整えてうまく走り出しました。広場を埋め尽くした観衆の大きな歓声の中、まず先頭に抜け出したのが水色(薄い青)の馬、迷惑白馬、そして青の馬!
やっぱり青系が来てる!(ワイロ?!笑)

RIMG4777

たった広場3週だし、競馬じゃないので、先行した方が明らかに有利に感じましたが、実際その通りで、中団で騎乗してたジョッキーが落馬、2週したぐらいで後方で競走馬同士が衝突し崩れ落ちるなど、かなり激しいレース!先頭集団は体勢変わらぬまま。しかし、3週目になったくらいで、なんとあの迷惑かけた白馬が先頭に躍り出ました!
その後は各騎手ムチの叩きあい!
一体どこがゴールなのか目印がわかりませんでしたが、それは“観客”のおかげでわかりました。興奮し切った様子で、コントラーダ・セルヴァ(動物のサイ)の地区の観衆が怒涛のように中になだれ込んできたのです!
そう、それは綱と平行に並び続けて出走を妨害し続けたけど、何故か憎めなかった白い馬のコントラーダです!
白馬のセルヴァ地区の優勝です!TVでも伝わるこの熱気。
ちょっと話を美化すると、青の勝負服の地区はワイロを使ったけど勝てなかったといったところでしょうか。本当のところはわかりませんが。。。(笑)いやぁ、でもなかなか興奮するもんですね。8月16日は生で見たいです^^

そのレース後優勝したセルヴァ地区の人たちが、僕がTVで見てた友達の家のすぐ真下にある教会に押し寄せてきました!優勝馬も来て写真も撮れました。さっきまで広場で激闘のレースを終えた馬と観客の熱気を生
で見れてツイテました!
ちなみにセルヴァは同僚のソムリエ、ステファノのコントラーダです。優勝地区は1ヶ月以上、外にテーブルをたくさん並べての大夕食会が続くそうです。^^;

RIMG4771

RIMG4774

RIMG4775



nobufico at 00:55|PermalinkComments(8)TrackBack(0) 番外