2010年01月

2010年01月05日

DOC モンテクッコ・サンジョヴェーゼ コマンダンテ

RIMG4122  
名称montecucco doc sangiovese "comandante"
収穫年2004年
カテゴリーDOC
品種サンジョヴェーゼ85%以上
メルロー
生産地域トスカーナ州
生産者BASILE社
料理肉類のグリル、ロースト、煮込み
コメントサンジョヴェーゼらしい果実味、カシス、インク、中程度のボリューム
トスカーナ州DOCモンテクッコのサンジョヴェーゼ種主体としたワインです。モンテクッコはトスカーナ州の南、グロッセート県のアミアータという山から下り一部シエナ県との県境にまでのびている丘陵地帯が生産地となっています。サンジョヴェーゼ種はトスカーナ以外の州でも各地で栽培される品種ですが、特にトスカーナの粘土質や石灰質の土壌にはよく合うそうです。DOC地区ではトスカーナを代表する地区と言えると思います!

http://www.vinovinovino.com/wine/Guide/PDF/2009/Top100_Club_di_Papillon_2008.pdf#search='
montecucco comandante'

ただいま研修中!ENOTECA ITALIANA

http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2/pubblica/esc_en.html


nobufico at 01:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) トスカーナ | DOC

2010年01月04日

DOC トレンティーノ・スペリオーレ・マルツェミーノ・ディーゼラ カンポボーヴェ

RIMG4124   
名称DOC トレンティーノ・スペリオーレ・マルツェミーノ・ディーゼラ カンポボーヴェ
収穫年2005年
カテゴリーDOC
品種マルツェミーノ
生産地域トレンティーノ・アルトアディジェ州
生産者BOSSI FEDRIGOTTI社
料理きのこのパスタ、リゾットなど
コメント森のベリー系の果実味、ラズベリー、チェリー、茎のっぽい香り、フレッシュな酸味と十分なタンニン、ワインらしい香り
トレンティーノ地方のDOCワインです。DOCトレンティーノと名乗るワインの種類はかなり多く(赤も白も)、使用品種もさまざまです。今回のワインは、日本ではあまりなじみのないマルツェミーノという葡萄から造られたワインです。スペリオーレでアルコール度数も13%あり、コクのある辛口です。
マルツェミーノはトレンティーノ、北イタリアの土着品種で一般的にフルーティでスミレやキイチゴ(ラズベリー)の香りを含み、生き生きとして厚みのあるワインができるといわれます。
また、かの天才音楽家モーツァルトがトレンティーノ滞在中にマルツェミーノを愛したのは有名な話らしく、彼のオペラ『ドン・ジョヴァンニ』では主人公のドン・ジョヴァンニが『Eccellente Marzemino!(最高のマルツェミーノを!)』というシーンがあるそうです。


ただいま研修中!ENOTECA ITALIANA

http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2/pubblica/esc_en.html


nobufico at 23:11|PermalinkComments(10)TrackBack(0) トレンティーノ・アルト・アディジェ | DOC

DOC コッリョ シャルドネ トッレ・ディ・トラモンターナ

clliotramontana   
名称DOC コッリョ シャルドネ トッレ・ディ・トラモンターナ
収穫年2006年
カテゴリーDOC
品種シャルドネ
生産地域フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州
生産者FORMENTINI社
料理アンティパスト全般、肉を使わないソースのパスタ、軽めのスープ、魚のグリル・ローストなど  
コメント豊かな果実味、バナナ、洋ナシ、メロンなど、樽由来の木の香り、余韻に心地よい苦味
フリウリ・ヴェネツィア・ジューリアのDOCコッリョのワインです。この地区は小高い丘陵地にあり、白ワインに向く産地として有名で、シャルドネの他、ピノ・グリージョ、ピノ・ビアンコ、トカイ・フリウラーノ種など良質なものが多くあります。まさに州を代表する名醸地です。
このワインはコクもあり、中程度の構成でバランスの良い果実味のあふれた美味しい白でした!


ただいま研修中!ENOTECA ITALIANA

http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2/pubblica/esc_en.html


nobufico at 22:17|PermalinkComments(21)TrackBack(0) フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア | DOC