2009年10月

2009年10月28日

ワインバーのグラスセレクション

どもーNOBUです。今回はエノテカイタリアーナのワインバーで扱うグラスワインについて語ろうと思いま〜す。イタリアのソムリエ(エノテカ)が世界中からの観光客向けにどんなイタリアワインのグラスセレクトしているかは、みんな興味あるだろうし好材料だと思ったわけ。スタンダードなセレクションだから、シンプルにどれもそれぞれの土地を代表するようなワインばかり。
赤ワイン(VINO ROSSO)、白ワイン(VINO BIANCO)、ロゼワイン(VINO ROSATO)、スパークリングワイン(VINO SPUMANTE)、デザートワイン(VINO DOLCE)などがグラスから提供できるけども、、、

今回は赤について。やはりイタリアでもっとも重要で、かつ評価が高いのが赤ワイン。ピエモンテ州とトスカーナ州を筆頭に全国各地でいろいろな種類の赤ワインが生産されています。
グラスの赤は常に12〜15種類くらいの用意があって、ボトルの価格帯によって3つのカテゴリーに分かれています。
最近並んだグラスワインをご紹介。(生産者など割愛。)

1、軽めの赤(1グラス3ユーロ)
今までの経験からするとフレッシュな早飲みのワインが多いかな。
・OLTREPO・PAVESE・BARBERA
ロンバルディアはオルトレポ・パヴェーゼのバルベーラ種
・MORELLINO・DI・SCANSANO
トスカーナのDOCG
・CHIANTI
キアンティの広範囲
・PRIMITIVO・DI・MANDURIA
プーリアを代表するプリミティーヴォ種
・ネロ・ダーヴォラ種、ドルチェット種やバルベーラ種の軽いもの
などなど

2、ミディアムボディの赤(1グラス4ユーロ)
・CHIANTI・CLASSICO
キアンティの狭範囲
・ROSSO・DI・MONTALCINO
トスカーナ名産地モンタルチーノの赤
・MONTEFALCO・ROSSO
ウンブリア州のモンテファルコの赤
・MONTEPULCIANO・D’ABRUZZO
アブルッツォ州のイタリア生産量1位のワイン
・DOLCETTO・D’OVADA・SPERIORE
2008年産からDOCG入りを果たしたピエモンテの1地区の赤
・BIFERNO ROSSO
モリーゼ州代表するDOC
・VINO・NOBILE・DI・MONTEPULCIANO
トスカーナDOCG、生産者によりカテゴリー3
などなど

3、フルボディの赤(1グラス6.5ユーロ)
世界的に知られたイタリアの伝統的な長熟ワイン
・BAROLO
ピエモンテ
・BARBARESCO
ピエモンテ
・BRUNELLO・DI・MONTALCINO
トスカーナ
・カベルネやサンジョベーゼなどからのスーパートスカーナ
・TAURASI
カンパーニアのフルボディDOCG
・MONTEFALCO・SAGRANTINO
ウンブリアのフルボディDOCG
などなど

週ごとに生産者や銘柄は結構変わるんだけど、参考までにこんな具合です。
あと、常に一定のカテゴリーにあてはまるとは限らず、ライトボディ〜フルボディまで作られる銘柄もあるので基本的には生産者によるし、ボトル単位の価格でカテゴリーが変わります!

ま、こんなとこでしょうか。
生産者は別としても、このワイン(名産地区)たちは、おそらく日本でも飲めるワインばかりだと思うのでいろいろ試してみましょう〜。






nobufico at 02:54|PermalinkComments(11)TrackBack(0)

DOC パッシート・ディ・パンテッレリーア リクオローゾ

RIMG1970 
名称パッシート・ディ・パンテッレリーア・リクオローゾ
収穫年2006年
カテゴリーDOC
品種モスカート(たぶん)
生産地域シチリア州
生産者 PELLEGRINO社
OP9  
コメントまさに白桃の完熟したような香りがひろがるデザートワイン。ほんとうまい。

先日、パッシート・ディ・パンテッレーリアというこの甘口ワインを味見しました。シチリアのカテゴリーに属するけども、実際はシチリアの南、アフリカ大陸にほど近い(約70km)というパンテッレリーアという島の特産甘口ワインです。イタリアの甘口デザートワインというと、トスカーナのヴィン・サントも有名だけど、それに劣らない人気があるみたい。フルーツコンポート、完熟した桃の香り、酸味と繊細さもともなっていて美味い。自分の好みかも知れないけど、他の生産者のものはこれほどでもなかったかなぁ。まあ、もし機会があったら、試してみてくださいな!

nobufico at 00:49|PermalinkComments(24)TrackBack(0)シチリア | DOC

DOCG キアンティ・クラッシコ メッセル・ピエトロ・ディ・テウッツォ CECCHI

RIMG1776  
名称キャンティ・クラッシコ・メッセル・ピエトロ・ディ・テウッツオ
収穫年2006年
カテゴリーDOCG
品種サンジョベーゼ主体
生産地域トスカーナ州
生産者 CECCHIチェッキ社
OP8  
コメントたっぷりな森の赤いフルーツ:ブルーベリーやカシス、スミレの花、インク、乾いた葉っぱ、程よい酸味と果実味。バランスの良い中ボディのワインでした!

なにやら、タイトルが横文字だらけで面倒くさいけども、要はキアンティ・クラッシコ。
トスカーナ、いやイタリアを代表するワインの1つと言えるキアンティ・ワイン。まさに僕のいるシエナは地元になるわけだけど、ひとえにキアンティといっても、生産者数は500以上で価格帯もピンからキリ。エノテカ・イタリアーナでも当然のように1番数多い種類を扱っているだろうこのキアンティたちの中で、個人として最近試飲したこのCECCHI社のもの(試飲は2006年)がすごく気に入ったのでアップしたいと思いま〜す。生産者は、100年以上から事業をおこなっている名門ワイナリーで、スーパーなどでもよく見かけるくらいの有名どころ。他にはDOCGワインのモレッリーノ・ディ・スカンサーノやヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノの生産なども行っています。
まだまだ試飲していないキアンティは山ほどあるので、お気に入りを見つけるたびにアップしますよー!!

nobufico at 00:10|PermalinkComments(9)TrackBack(0)トスカーナ | DOCG