2013年05月09日

特集キァンティ・クラッシコ・コレクション2013前編(シエナ県編)

「キァンティ・クラッシコ・コレクション2013」の見本市もアップ!去年の記事をベースに追加情報を加えていきました!

前編はシエナ県のワイナリー。(カステルヌオーヴォ・ベラルデンガ、カステッリーナ・イン・キァンティ、ガイオーレ・イン・キァンティ、ラッダ・イン・キァンティ、ポッジボンシの一部。)

キァンティ・クラッシコ・コレクション2012→去年の記事!

marchio_consorzio_chianti_classico_gallo_nero


IMG_6154

IMG_6179
イタリアワイン界でご活躍されているソムリエ林基就(はやしもとつぐ)さんと色々な印象を語りながらの着席テイスティングから始まりました!
林さんについてはコチラ→http://store.vinohayashi.jp/

IMG_6176
両方とも2010年で同品種のブレンド。。でも左のほうが若々しい色合い。右は淵際がややレンガ色がかって少し熟成が進んでいるような印象。生産者が違うだけですが、こんなに違いがあるのは面白いですね。

シエナ県編

カステルヌオーヴォ・ベラルデンガ

CastelnuovoBerardenga

QUERCIAVALLE=LOSI クエルチャヴァッレ=ロジ(エノテカ取扱い)
友人ヴァレリア・ロジのワイナリー。曽祖父から受け継ぐ純粋で素朴なキァンティクラッシコ。
IMG_6300IMG_6301

















TOLAINI トライーニ(エノテカ取扱い)
キァンティ・クラッシコのみならず、強力なIGTラベルを量産するワイナリー。エノテカ取扱いのVALDISANTI(カベルネ、メルロー)、AL PASSO(サンジョヴェーゼ、メルロー)、PICCONERO(メルロー、カベルネ)の3種は秀逸。
IMG_6306












DIEVOLE ディエーヴォレ(エノテカ取扱い)
キァンティ・クラッシコ、IGTともに多種のラベルを生産。キァンティクラッシコのリゼルヴァのNOVECENTO、またリゼルヴァでありセレクションのDIEULELEはディエーヴォレの最高傑作、エノテカで最も高価なキァンティクラッシコです。
参考記事
IMG_6293IMG_6295

















SAN FELICE サン・フェリーチェ(エノテカ取扱い)
広大な畑を抱えるサンフェリーチェ社、2009年のキァンティ・クラッシコよりブレンドに変更があります。サンジョヴェーゼ80%、コロリーノ10%、プニテッロ10%。ベースのキァンティ・クラッシコやリゼルヴァは30万本という生産量。IGTのプニテッロ100%のボトルは13000本となっています。
関連記事
IMG_6305












BORGO SCOPETO ボルゴ・スコペート(エノテカ取扱い)
ベース、リゼルヴァともにサンジョヴェーゼ100%でキァンティ・クラッシコを造るワイナリーの1つ。リゼルヴァのコストが抑え目で好印象。オーナーのエリザベッタさんはカパルツォ(モンタルチーノ)、ドーガ・デッレ・クラヴーレ(マレンマ)も経営しています。
IMG_6282












FE'LSINA フェルシナ(エノテカ取扱い)
こちらもボルゴ・スコペート同様サンジョヴェーゼ100%。とはいえ畑を別々に管理し、試験的に多種のサンジョヴェーゼを造り、後にブレンドする方法を採用しています。IGTであるフォンタッローロもサンジョヴェーゼ100%ですが、こちらはキァンティ・クラッシコ地区とキァンティ・コッリ・セネージ地区の土壌の違うサンジョヴェーゼを50%ずつ使用したもの。リゼルヴァ「ランチャ」も秀逸。
IMG_6299












CASTELLO DI SELVOLE カステッロ・ディ・セルヴォレ(エノテカ取扱い)
キァンティクラッシコはサンジョヴェーゼ80%にメルロー15%、カナイオーロ5%。日本人の奥さんをもつグイドさんのワイナリーです。ヴィンサントは過去記事にもしました。
参考記事
IMG_6292












初登場
CASTELL’IN VILLA カステッリン・ヴィッラ
エノテカイタリアーナ・ブログ初登場のカステルヌオーヴォ・ベラルデンガのワイナリー。
生産量、計60000本で小中規模。ノーマル、リゼルヴァともにサンジョヴェーゼ100%
この1年間で知ったキァンティクラッシコの造り手ではかなり好印象!
IMG_6287IMG_6286
















CASTELLO DI BOSSI カステッロ・ディ・ボッシ(エノテカ取扱い)
キァンティクラッシコはサンジョヴェーゼ100%で600000本、リゼルヴァは70000本。IGTのコルバイアはサンジョヴェーゼ70%にカベルネ・ソーヴィニョン30%のスーパートスカーナで16000本。
IMG_6288IMG_6289
















POGGIO BONELLI ポッジョ・ボネッリ(エノテカ取扱い)
キァンティクラッシコはサンジョヴェーゼ90%にメルロー6%、地元品種4%。モンテ・デイ・パスキ銀行所有、醸造にはカルロ・フェッリーニもコンサルタントをしています。
POGGIO BONELL→過去記事
IMG_6303












FATTORIA DI CORSIGNANO ファットリア・ディ・コルシニャーノ(エノテカ取扱い)
伝統派で小規模ワイナリー。キァンティクラッシコはサンジョヴェーゼ90%にカナイオーロとマルヴァジア・ネーラで10000本。リゼルヴァ、インペラトーレ(エンペラー)は100%サンジョヴェーゼ3000本。
IGTのリ・スポージ(婚約者)はサンジョヴェーゼ50%、メルロー30%、カベルネ・ソーヴィニョン20%で2000本の生産。
友人の婚約でプレゼントした一本でもあります^^
IMG_6296













ガイオーレ・イン・キァンティ

GaioleinChianti


ROCCA DI CASTAGNOLI ロッカ・ディ・カスタニョーリ(エノテカ取扱い)
ベースはサンジョヴェーゼ90%、コロリーノとカナイオーロが5%ずつ。
リゼルヴァのポッジョ・ア・フラーティは20000本の生産。日本人の薫さんがご活躍されています。
IMG_6331
















CASTELLO DI MELETO カステッロ・ディ・メレート(エノテカ取扱い)
NHK世界ふれあい街歩きのロケで撮影を行ったワイナリー。サンジョヴェーゼ90%にメルロー10%からなるキァンティ・クラッシコは5400Lという大樽で12ヶ月熟成。リゼルヴァのヴィーニャ・カージはサンジョヴェーゼ85%、メルロー15%。ワインは半分が大樽で14ヶ月、半分はバリック樽(225L)で14ヶ月熟成後ブレンドされる。
関連記事
IMG_6268
















BARONE RICASOLI バローネ・リカーゾリ(エノテカ取扱い)
現在のキァンティの歴史において最も重要な貴族リカーゾリ家のワイナリー。ベッティーノ・リカーゾリ1809〜1880(政治家、フィレンツェ知事やイタリア2代目首相も務めた)はワイン分野の研究にも努力を怠らず、今のキァンティワインの基礎となるサンジョヴェーゼ種主体にカナイーロ種とマルヴァジア種(白ぶどう)の配合とする若い段階から心地よく飲めるワインを開発した。現在は白ブドウの使用はキァンティのみ可能で、キァンティ・クラッシコ地区では認められていない。
IGTカザルフェッロはラベルも一新。メルロー100%。
IMG_6259IMG_6260
















CASTELLO DI AMA カステッロ・ディ・アーマ(エノテカ取扱い)
こちらも重要なワイナリーで、キァンティクラッシコブランドを確立しているワイナリーの一つです。品質を重視し、サンジョヴェーゼと国際品種ブレンド、近代的な醸造設備にて仕上げます。
ベースはサンジョヴェーゼ85%にメルロー、マルヴァジア・ネーラ。ピノ・ネロの畑も持っています。
HAIKUはサンジョヴェーゼ50%、カベルネ・ソーヴィニョンとメルローが25%ずつのブレンド。
馬に乗ったこの肖像は、シエナの伝説の英雄で1328年のモンテマッシ侵攻時の国軍隊長「グイドリッチョ・ダ・フォリアーノ」でシエナ市庁舎の美術館に絵が飾られています。フレスコバルディのモンタルチーノのワイナリー「カステル・ジョコンド」のブルネッロのラベルもこの絵が使用されています。
関連記事
IMG_6274IMG_6275
















BADIA A COLTIBUONO バディア・ア・コルティブオノ(エノテカ取扱い)
参考記事
IMG_6310












IL COLOMBAIO DI CENCIO イル・コロンバイオ・ディ・チェンチオ(エノテカ取扱い)
I SODI イ・ソーディ(エノテカ取扱い)
生産量としては中堅どころのワイナリー。ベース、リゼルヴァともにサンジョヴェーゼにわずかのカナイオーロで構成される。
IMG_6276
















SAN GIUSTO A RENTENNANO サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ(エノテカ未入荷)
こちらもサンジョヴェーゼにわずかのカナイオーロ種。
IMG_6273
















CAPANNELLE カパンネッレ(エノテカ取扱い)
ボリュームのあるワイナリーという印象のカパンネッレです。というのは骨格のあるワインのラベルが多い。キァンティ・クラッシコはリゼルヴァのみの生産、IGTシャルドネ、IGTソラーレ、IGT50&50はそれぞれしっかりとした飲み口のワインです。
IMG_6263
















CASTELLO DI CACCHIANO カステッロ・ディ・カッキアーノ(エノテカ取扱い)
ベースはサンジョヴェーゼ90%にカナイオーロ、マルヴァジア・ネーラ、コロリーノ。メトード・クラッシコ方式のサンジョヴェーゼのロゼも3000本生産。

IMG_6265IMG_6264
















CASTELLO DI SAN DONATO IN PERANO カステッロ・ディ・サンドナート・イン・ペラーノ
ベースはサンジョヴェーゼ100%。
リゼルヴァにはメルローを15%ブレンド。ソーヴィニョンとセミヨンからなる白も秀逸。
IMG_6271












CASTELLO DI SAN SANO カステッロ・ディ・サン・サーノ(エノテカ取扱い)
IMG_6272
















RIECINE リエチネ
IMG_6281
















GEOGRAFICO ジェオグラフィコ(エノテカ取扱い)
マレンマ、モンタルチーノ、サンジミニャーノなど各銘醸地にて畑を所有する大きなワイナリー。
IMG_6258IMG_6256


















ラッダ・イン・キァンティ

RaddainChinti
IL BARLETTAIO イル・バルレッタイオ(エノテカ未入荷)
エノロゴ、ルカ・ダットーマのワイナリー。キャンティ・クラッシコに登録の畑は2,2haというかなり小さな生産者。
IMG_6249IMG_6247
















MONTERAPONI モンテラポーニ(エノテカ取扱い)
オーガニックのワイナリー。リゼルヴァは2種類。イル・カンピテッロは最も古い樹齢の畑から4000本。バロン・ウーゴは2500本という少量生産。
IMG_6252IMG_6251
















初登場
VAL DELLE CORTI ヴァル・デッレ・コルティ
フィレンツェ在住のソムリエ、津田みらいさんお勧めワイナリー。サンジョヴェーゼにカナイオーロブレンド。リゼルヴァはサンジョヴェーゼ100%で5000本の小規模ワイナリー。
IMG_6254
















カステッリーナ・イン・キァンティ

CastellinainChianti

SAN FABIANO CALCINAIA サン・ファビアーノ・カルチナイア(エノテカ未入荷)
キァンティ・クラッシコ”チェッロレ”のほかIGTのチェルヴィオーロも高評価のボトル。
IMG_6239IMG_6237
















VEGI ヴェージ(エノテカ未入荷)
IMG_6232IMG_6229
















CASTELLO DI FONTERUTOLI カステッロ・ディ・フォンテルートリ(エノテカ取扱い)
マッツェイ家のワイナリー「カステッロ・ディ・フォンテルートリ」
ベースはサンジョヴェーゼ90%、メルロー5%、マルヴァジア・ネーラとコロリーノで5%。
スーパートスカーナのシエピはサンジョヴェーゼとメルロー50%ずつのエレガントでふくよかな旨みをもつワイン。
参考記事
IMG_6225IMG_6223
















CASTELLARE DI CASTELLINA カステッラーレ・ディ・カステッリーナ(エノテカ取扱い)
こちらはIGTのイ・ソーディ・ディ・サンニッコロ。サンジョヴェーゼとマルヴァジア・ネーラのしっかりした構成のワイン。
IMG_6329
















VILLA TRASQUA ヴィッラ・トラスクア(エノテカ取扱い)
エノロゴ、ステファノ・キオッチョリのワイナリー。リゼルヴァは9ヶ月大樽後、9ヶ月のバリック熟成。
IMG_6244
















TENUTA DI LILIANO テヌータ・ディ・リリアーノ(エノテカ取扱い)
関連記事
IMG_6242IMG_6241
















ROCCA DELLE MACIE' ロッカ・デッレ・マチエ(エノテカ取扱い)
ツアー会社の友人マルコが双子の弟アンドレアと7年働いていた大手ワイナリー。
IMG_6235IMG_6233















BANFI バンフィ(エノテカ取扱い)
バンフィもキァンティ・クラッシコにて生産開始。
IMG_6220















カステッリーナ・イン・キァンティ
その他
CECCHI
RUFFINO

ポッジ・ボンシ
初登場
CINCIANO チンチャーノ
ベースもリゼルヴァもサンジョヴェーゼ100%。
IMG_6328IMG_6326
















初登場
ORMANNI オルマンニ
IMG_6219IMG_6218
















 次回はフィレンツェ県編です!

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 05:58|PermalinkComments(41)

2013年05月06日

特集ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ見本市2013

前回のサンジミニャーノに引き続き、シエナ南東モンテプルチアーノの歴史的ワイン。

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ見本市2013!

前回のノービレ見本市記事→コチラ

IMG_6057
















IMG_6058












AVIGNONESI アヴィニョネージ
IMG_6061
















IMG_6059















2009年からオーナーが変わり、付近のRUFFINOから畑を新たに購入。100haから倍の200haと大きく成長しました。ラベルも一新され、オーガニックへの移行中など近年革新的な動きがあります。

CASALE DAVIDDI カザーレ・ダヴィッディ
IMG_6063
















IMG_6062
















PALAZZO VECCHIO パラッツォ・ヴェッキオ
IMG_6069
















IMG_6067
















TALOSA タローザ
IMG_6073
















IMG_6072
















Valdipiatta (ヴァルディピアッタ)
IMG_6078












IMG_6080
















IMG_6077















モンテプルチアーノでは珍しいピノ・ネロ(ピノ・ノワール)も造っています。彼女らのノービレのセレクションはブルネッロのようなスケール感がありました。(昨日同僚にブラインドで出されてブルネッロだと思いました。)

VECCHIA CANTINA ヴェッキア・カンティーナ
IMG_6085
















IMG_6083
















IMG_6082















モンテプルチアーノ最大の400ほどの生産者組合。1000haの畑よりワインが生産されます。そのうちノービレ・ディ・モンテプルチアーノ用の畑は310haとのこと。

様々な生産ラインがあり、ヴェッキア・カンティーナはベースラインで40万本ほどの生産量。ポッジョ・ステッラというラインもあります。
セレクションのREDIレディはわずか1万本です。(REDIという1つのワイナリーという考え方もできますが、ヴェッキア・カンティーナのセレクション・レーベルです。)

GODIOLO ゴディオーロ
IMG_6087












IMG_6089
















IMG_6088















リゼルヴァの2003年も試飲できましたが、正直買いの一本です。ワイナリーに行きたい!

TENUTA DI GRACCIANO DELLA SETA グラッチャーノ・デッラ・セータ
IMG_6093
















IMG_6090















エノテカでも御用達のノービレ!ラベルもシックでいい感じ!

SALCHETO サルケート
IMG_6098
















IMG_6099
















IMG_6096
















POLIZIANO ポリツィアーノ
IMG_6103
















IMG_6100
















BINDELLA (ビンデッラ)
IMG_6110
















IMG_6105
















IMG_6106
















FANETT (フェネッティ)
IMG_6109















最も伝統に重きをおく生産者の1つ。大樽48ヶ月のノービレ。

DEI (カテリーナ・デイ)
IMG_6115
















IMG_6112
















CONTUCCI (コントゥッチ)
IMG_6119
















IMG_6117
















GATTAVECCHI (ガッタヴェッキ)
IMG_6121
















FATTORIA DEL CERRO (ファットリア・デル・チェッロ)
IMG_6126
















IMG_6125
















LA BRACCESCA (ラ・ブラッチェスカ)(アンティノーリ)
IMG_6128
















BOSCARELLI (ボスカレッリ)
IMG_6130
















LE MACCHIONE (レ・マッキオーネ)
IMG_6140
















CAVALIERINO (カヴァリエリーノ)
IMG_6143












VILLA SANT'ANNA (ヴィッラ・サンタンナ)
IMG_6148
















IMG_6145
















ICARIO (イカリオ)
IMG_6150
















IMG_6149












IMG_6135
















IMG_6134











使い終わったバリック樽でテーブルや椅子をデザインするメーカーの方にいらっしゃいました!
有名カンティーナのバリックでお店用のテーブルやイスを揃えるなんてことも!

IMG_6138












ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ


nobufico at 04:33|PermalinkComments(210)

2013年04月15日

特集ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノ見本市2013

みなさん、こんにちは。
今回は2月のシエナ・フィレンツェ見本市関連と今月7日〜10日に開催されたヴェローナのヴィーニタリーの報告をしたいと思います。

まずはサンジミニャーノの白!
いつものおなじみの生産者たちですから、今回は写真とちょっとした総評にさせていただきたいと思います。(笑)

ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノの見本市2013

ヴェルナッチャ、前回の見本市についてはコチラ

IMG_5972












IMG_5973












MELINI メリーニ
IMG_5974
















IMG_5976
















SAN DONATO サン・ドナート
IMG_5978
















TERUZZI & PUTHOD テルッツィ・エ・ピュトー
IMG_5979
















IMG_6022
















PANIZZI パニッツィ
IMG_5983
















IMG_5982
















IMG_5981












SAN QUIRICO サン・クイリコ
IMG_5990
















IMG_5985
















TENUTE GUICCIARDINI STROZZI テヌーテ・グイッチャルディーニ・ストロッツィ
IMG_5994
















IMG_5991
















VAGNONI ヴァニョーニ
IMG_5995
















IMG_5996
















GEOGRAFICO ジェオグラフィコ
IMG_5999
















FALCHINI ファルキーニ
IMG_6001
















IMG_6002
















FONTALEONI フォンタレオーニ
IMG_6005
















IMG_6007












CESANI チェザーニ
IMG_6009
















IMG_6015
















IL PALAGIONE イル・パラジオーネ
IMG_6018
















IMG_6012












IMG_6013
















IMG_6016












PIETRAFITTA ピエトラフィッタ
IMG_6024
















IMG_6021
















LUCII LIBANIO ルチイ・リバニオ
IMG_6026
















IMG_6027
















LA LASTRA ラ・ラストラ
IMG_6033
















IMG_6032
















LA MORMOLAIA ラ・モルモライア
IMG_6043
















IMG_6040















若きエノロゴ(醸造家)、ミルコ・ニッコライと仲良くなりました。
モンタルチーノでは、コルデッラとテッレ・ネーレ。キァンティ・クラッシコのレ・マッセ。
アブルッツォでもニコ・デミというワイナリーと仕事をしているそうです。
サンジミニャーノでは、ラ・モルモライアのほか、チェザーニとイル・コロンバイオ・ディ・サンタキアーラ。

IMG_6042











イル・パラジョーネも

IMG_6039











ストロッツィのフェデリカも試飲に来ました。

IMG_6036











こちらはタンクから

IMG_6037











清澄後はクリアで綺麗な色合いに

MONTENIDOLI モンテニードリ
IMG_6048
















IMG_6049
















総評
2012年はトスカーナ全体的にとても暑く、雨が少なくてひやひやしたワイナリーも多かったことと思います。
雨が多すぎても駄目、少なすぎても駄目。ワイン用の葡萄はそれだけデリケートな自然の賜物なのです。

ヴェルナッチャ・ディ・サンジミニャーノは2012年が生産ワインなのでその影響をすぐに見本市で把握することができました。

雨も少なく、とても暑かったことによって葡萄が干からびてしまう現象が起こり、質の部分というよりは量の部分で損失があったようです。ほぼ全てのワイナリーで生産量の減少。(選別の際、ダメージがあったり、干からびてしまった葡萄を収穫しないため。)ただ、葡萄はよく熟してくれたため、雨が多い年なんかよりはしっかりした味わいを作ることができていると思います。

ヴァニョーニでは、赤30%減、白15%減とのことでした。赤の方は葡萄が黒葡萄なので日の光を取り入れすぎて干からびたりした葡萄が多くあったそうです。残念ですね。

ともあれ今年も飲み心地のよいヴェルナッチャが飲めます!

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ/>



nobufico at 04:39|PermalinkComments(39)TrackBack(0) エノテカイタリアーナな日々? 

2013年04月06日

IGT トスカーナ ヴェルメンティーノ・ネーロ “ヴェルネーロ” SCURTAROLA

IMG_6818
名称IGT Toscana rosso"VERNERO"
収穫年2005年
カテゴリーIGT
品種ヴェルメンティーノ・ネーロ種
生産地域トスカーナ州マッサ・カッラーラ県
生産者SCURTAROLA
料理猪などのラグーパスタ、豚、牛肉のグリル
コメントブラック・チェリー、プラム、丁子、スパイス、ほろ苦さ、スムーズなアタック、マニキュア、酸味のある香り、動物臭のニュアンス、バランスの良い
皆さん、こんにちは。シエナは春がようやく訪れて暖かい日々が。。。。といいたいところですが、雨の日が多く、それも少し寒い日が続いている状況です!
春らしい日が待ち遠しいです。

7日の日曜日から、いよいよイタリア最大のワインの見本市“VINITALY”(ヴィーニタリー)がヴェローナで始まります。
エノテカイタリアーナの出展ブースは8番トスカーナの16Bスタンドです。
僕は今回もシエナ店舗の残留組(笑)なので初日の日曜日だけの参戦です!
1日ですがいろんな生産者と会える機会なので楽しみです!

さて、今回ご紹介するワインはトスカーナ州の赤辛口。ヴェルメンティーノ・ネーロと呼ばれる今では希少な品種のワインです。

PNG














massacarrara














トスカーナ州10県の最北、リグーリア州と接するマッサ・カッラーラ県のスクルタローラ社。150年ほど前からロリエリ家のファミリーは、このアプアーネ山の麓、コッリ・ディ・カンディア(カンディアの丘)でワイン生産を行ってきました。

ワイン生産における信念は、伝統品種に価値を与えること。
トスカーナワインをエノテカではたくさん試飲してきましたが、強い個性を感じることのできるワイナリーの一つです。国際色を意識した華やかなワイナリーも多い中、地元に密着した個性的なワインを産出します。

第二次世界大戦後葬られた品種でありながら、1987年にロリエリ家は知人の勧告からヴェルメンティーノ・ネーロの品種を育成し、単一で生産を行います。それは彼らの父や祖父が愛したブドウでもあったのです。
こうして1989年、スクルタローラのヴェルメンティーノ・ネーロ、“ヴェルネーロ”が誕生。
生産性はあまり優れていないため、2005年も2056本という少数のみの生産。

ほのかにほろ苦さを感じる果実味が豊かで綺麗な赤です。白もエノテカ取り扱いで2種あり、1981年DOC登録のカンディア・デイ・コッリ・アプアーニとIGTのヴェルメンティーノですがどちらも“地”を感じる白でお勧めです。

このワイナリーは、同僚ソムリエの推しもあるところですが日本にはまだ入っていません。行ってみたいワイナリーの一つでもあります!

機会があればぜひエノテカイタリアーナでお試しください!

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 06:04|PermalinkComments(57)TrackBack(0) トスカーナ | IGT

2013年03月18日

IGT ラツィオ “トッレ・エルコラーナ” CANTINA COLACICCHI

IMG_6739
名称Lazio IGT "Torre Ercolana"
収穫年2004年
カテゴリーIGT
品種チェザネーゼ種、カベルネ・ソーヴィニョン種、メルロー種
生産地域ラツィオ州フロジノーネ県アナーニ
生産者CANTINA COLACICCHI社
料理セコンド、野鳥、セミハード〜ハードチーズ
コメント熟したイチゴ、プラム、カシス、黒胡椒、カッフェ、チョコレート、繊細、みずみずしい充実した果実味スムーズなアタック、うまみ、ツヤと透明感、上品でまとまりのある、ほどよくこなれたタンニン、バランスのよい
皆さんこんにちは!3月も後半に入りました!東京などではすでに桜も咲いているのでしょうか?
シエナはまだ夜は寒くて、お天気もぐずついた日々が続いています。早く暖かいシーズンになるといいんですが!

2月はシエナ県各地でワインのアンテプリマという見本市がありました。そのご報告も日を改めて(笑)アップしていきたいと思います。

sienafrosinone













frosinoneanagni













svg















ラツィオ州フロジノーネ県アナーニの生産者コラチッキ社のIGTの赤!
土着品種のチェザネーゼをベースに国際品種のカベルネソーヴィニョンとメルローをブレンドしています。
チェザネーゼはラツィオ注目の土着黒ブドウの一つですが、チェザネーゼ・デル・ピーリオというDOCGも誕生しています。ピーリオはアナーニの北隣の地区です。
“トッレ・エルコラーナ”とはERACLE=ERCOLE=ヘラクレス
ギリシャ神話のヘラクレスの塔というような力の象徴たるワイン名。

2004年のボトルで、まとまりが出てタンニンもこなれ具合が良く、旨みのある洗練された果実味、10年近くの熟成を経てもなおみずみずしさの際立つ味わい深い一本でした。

全国で、土着品種(ヴィティーニ・アウトクトニ)へ国際品種(ヴィティーニ・インテルナツィオナーリ)をブレンドするワインが見られますが、イタリアならではのワインの奥深さを物語ってくれます。

機会があればぜひお試しを!

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 03:13|PermalinkComments(32) ラツィオ | IGT