2009年12月01日

DOC サリーチェ・サレンティーノ ロッソ リミトーネ・デイ・グレーチ

RIMG3723   
名称DOC サリーチェ・サレンティーノ ロッソ リミトーネ・デイ・グレーチ
収穫年2004年
カテゴリーDOC
品種ネグロアマーロ80% マルヴァジア・ネーラ・ディ・レッチェ20%
生産地域プーリア州
生産者 CANTINE PAOLO LEO社
OP  
コメントプルーン、イチゴ、チェリーなどのフレッシュな果実味、スムーズで軽快なアタック、おいしい
プーリア州は、長靴に例えられるイタリア半島のかかとのヒールの部分にあります。山岳地帯がなく、台地や平野からなり気候は暑い。ここではバラエティーに富んだワインが造られていて、ロゼや甘口のものも評価が高いとのこと。ワインの歴史も紀元前2000年ころからで、まさにワインの地というにふさわしい州。(古代ギリシャ人たちは羨望を込めてプーリアを『エノトリア(ワインの地)』と呼んだ)
また飲みやすく低価格な赤ワインもたくさんあって、ここではプリミティーヴォという品種(アメリカで一大人気を博したジンファンデル種と同種)やこのネグロアマーロ種から造られたものが有名です。
ブリンディジ、カステル・デル・モンテ、サリーチェ・サレンティーノ、プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリアなどが名醸地区。
このサリーチェ・サレンティーノは小ぶりなワインでとても飲み心地の良いワインでした!

ただいま研修中!ENOTECA ITALIANA
http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2/pubblica/esc_en.html


nobufico at 04:51|PermalinkComments(34)TrackBack(0) プーリア | DOC

IGT ラツィオ ロッソ シラーズ

RIMG3724   
名称IGT ラツィオ ロッソ シラーズ
収穫年2006年
カテゴリーDOC
品種シラー
生産地域ラツィオ州
生産者 CASALE DEL GIGLIO社
OP  
コメントタバコの葉、ブラックペッパー、野生の動物臭、バランスの良い辛口
今回のワインはイタリアの首都ローマがあるラツィオ州のものです。シラーという品種はなかなかイタリアでは見る機会が少ないけれど、世界的に有名な品種です。フランスの名醸地コート・デュ・ローヌ地方のコート・ロティ、エルミタージュでは優れたワインを生産しているし、オーストラリアでは国内で最も生産量の多い黒葡萄品種(オーストラリアではシラーズと呼ばれている!)でもあるのです。果実味の他に、一般的にはスパイスの香りやハーブの香りが顕著にあらわれるといわれています。ちなみに一番最初に僕がブログの記事にした『スクリオ』というボルゲリのスーパーワインもシラーから造られています。うまかったなぁ。
今回のラツィオのこのワインはワインバーでグラスで用意しているものですが、コストパフォーマンスが大変よいので買って帰りました!

ただいま研修中!ENOTECA ITALIANA
http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2/pubblica/esc_en.html


nobufico at 03:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ラツィオ | IGT

2009年11月24日

DOC トレンティーノ シャルドネ 

RIMG3301  
名称トレンティーノ シャルドネ ボッテガ・ヴィナイ
収穫年2006年
カテゴリーDOC
品種シャルドネ
生産地域トレンティーノ・アルトアディジェ州
生産者 CAVIT社
OPおすすめ  
コメント洋ナシ、白から黄色い花の香り、バナナ、パイナップルなどのトロピカルフルーツ、蜂蜜、バランスの良いシャルドネ
トレンティーノのワインをご紹介します。イタリア最北部にトレンティーノ・アルトアディジェ州はあります。この州は名前のとおり二つの地域から構成されていて、北部がアルトアディジェ(北はオーストリア、西はスイスの国境と接する、ここではドイツ語が公用語、子供達は学校でイタリア語を勉強するとのこと)、そして南部がトレンティーノ地方です!
トレンティーノ地方もアルトアディジェ地方も生産量はそれほど多くはありませんが、生産量に対するDOCワインの比率がかなり高く(要は造っているものは質の高いものばかり!)、特にアルトアディジェの白は世界中のコンテストで数々の賞を受賞しているそうです。
トレンティーノもリースリング、トラミネール、ミュラー・トゥルガゥ、シャルドネ、ピノ・グリージョなどドイツ系の品種も含め、質の高いものを生産しています。
このワインは酸味の引き締まったさわやかなワインというよりも、ある程度の構成をもった果実味に富んだ飲み心地の良いシャルドネでした!!うまい。

ただいま研修中!ENOTECA ITALIANA
http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2/pubblica/esc_en.html


nobufico at 23:42|PermalinkComments(26)TrackBack(0) トレンティーノ・アルト・アディジェ | DOC

IGT トスカーナ トラモント・ドカ

RIMG3410  
名称トラモント・ドカ
収穫年2005年
カテゴリーIGT
品種サンジョベーゼ
生産地域トスカーナ州
生産者 POGGIO BONELLI社
OP  
コメントアタックが柔らかい、温かみのある滑らかな飲み口
新鮮な果実の香り、、森や土の香り、ミネラル
先日、仙台でレストランをやられているというカップルの方がエノテカに来ました。本当に食に詳しい方達で、いろいろな話で盛り上がりました^^地下の博物館も一緒にまわって、その時に彼らの目に留まったのがワインの1つが、このIGTトスカーナ トラモント・ドカ。僕はその時は全く知らなくて、機会があったら飲もうと思っていたんだけど、ちょうど4、5日前にたまたまワインバーのグラス入りしたので飲むことができました〜。なるほど、うまいっす。
あとで調べるとイタリア本土のワインガイド『イ・ヴィーニ・ディ・ヴェロネッリhttp://www.vinovinovino.com/wine/Guide/index.html#ivinidiveronelli』で※スーパートレステッレ(超三ツ星)を獲得しているではないかッ@@
※過去3年以上3ステッレ(90点〜100点)を受け、かつ今回も91点以上を獲得したワインだそうです。。


ただいま研修中!ENOTECA ITALIANA

http://www.enoteca-italiana.it/w2d3/v3/view/enoteca/enosito2/pubblica/esc_en.html


nobufico at 05:52|PermalinkComments(23)TrackBack(0) トスカーナ | IGT

2009年11月18日

エノテカ・イタリアーナの動画

エノテカ・イタリアーナの地下の博物館の動画をご紹介!
1500本のワイン全てにバーコードがついていて、専用のコントローラーで読み取ることにより情報を得ることができます(現在イタリア語か英語のみ)。また、内部に点在するモニター(タッチパネル式インターネット接続)でさらに細かな情報も知ることができます。生産地、生産者、品種、味わい、価格、合わせやすい料理などの基本的なデータはもちろんのこと、生産者のホームページに飛ぶこともできます。まさにイタリアワインを知るための博物館です。



nobufico at 01:30|PermalinkComments(31) 番外