2013年06月22日

DOCG チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア・クラッシコ“バロッコ” AVIDE

IMG_7718
名称Cerasuolo di Vittoria Classico DOCG "BAROCCO"
収穫年2005年
カテゴリーDOCG
品種ネロ・ダーヴォラ種70%、フラッパート種30%
生産地域シチリア州ラグーザ県
生産者AVIDE
料理子羊のグリル、牛の赤ワイン煮など、半熟成〜熟成チーズ
コメント黒みがかったガーネット色、スパイス、黒胡椒、熟したプラム、ブラックベリー、柔らかみ、しっとりと深いコク、飲み頃
シチリアの赤ワインのご紹介です。

シチリア唯一のDOCGワイン、チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア。

チェラスオーロとはブドウの品種の名前ではなく、シチリアで“赤”の意で、アブルッツォ州などではロゼの色合いを指す言葉。《アブルッツォの方言のcirasceチラシェ(ciliegiaチリエージャ⇔チェリー、さくらんぼ)から来ているとのこと。》

1973年にDOC登録後、2005年にDOCGの認定となりました。そのDOCG(統制保証原産地呼称法)では、

ネロ・ダーヴォラ種を50〜70%、フラッパート種を30〜50%で構成することが義務付けられています。

ヴィットーリアを中心とするラグーザ県、カルタニセッタ県やカターニア県の一部において生産。

収穫翌年の6月より市場販売が可能。
今回のアヴィデのようなクラッシコタイプは古くからのより狭いエリアでの生産で収穫後2年目の4月より市場販売が可能になります。

sicilia1


















sicilia2
















sicilia3

















1882年から続くデモステネ家のワイナリーAVIDEのチェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア・クラッシコは砂質、赤土の水はけのよい土壌の古い樹齢の畑から生産されるブドウを使用。醸造後、フランス製のバリックで8〜12ヶ月の熟成。その後、18ヶ月から24ヶ月のボトル内での熟成貯蔵後出荷となります。
エノテカに入っている今回のヴィンテージは2005年なので、実際はさらに時間をかけた後に出荷しているようです。飲み心地のよさ、ゆったりとした熟成でまとまりがあり、凝縮感のあるボリュームをスムーズに味わうことができる状態でした。


consorziocerasuolodivittoria









チェラスオーロ・ディ・ヴィットーリア生産組合

famiglia_04










avide-logo1
シチリア、ラグーザの情熱!


お知らせ
7月21日(日)に大阪で行われるイタリアワインイベント“カンサイタリー”に参加します。→
詳しくはコチラ

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 14:21|PermalinkComments(84)TrackBack(0)シチリア | DOCG

2013年05月31日

7月21日(日)チャリティーイベント“カンサイタリー2013”(大阪)に参加します!


main_img2013











皆さんこんにちは!
今回は日本でのイベント参加のお知らせです。
7月に東京に一時帰国の予定で、月末まで滞在の予定なのですが関西で同時期にイタリアワインの東日本大震災のためのチャリティーイベントがあるということなのでボランティアスタッフの一人として参加することにしました。

カンサイタリー2013
7月21日(日) 大阪:京セラドーム 13:00〜17:00
入場券4000円(当日4500円)


チケット販売店、アクセスなど詳細は→コチラ

主催はワインバー“カンティネッタ・バルベーラ”の森勝寛さん。イタリアン業界の方やインポーターの方々など同志の方々に呼びかけて2011年に始まったチャリティーイベントで今年は3回目を迎えました。

僕は初の参加ですが、現在個人的にいくつかのトスカーナのワイナリーへ協賛をお願いしています。イタリアワインを通して復興を支える素晴らしい機会なので、関西方面の皆さんにはぜひ足を運んでいただきたいと思います。
トスカーナのブース(エリア)の一つのテーブルでトスカーナ直送の協賛でいただいたワインをサーブする予定です。配送にかかる費用も、日ごろエノテカイタリアーナでお世話になっているミラノの欧州クロネコヤマト運輸様へ援助をしていただく予定です。

多くの人たちの復興への願いを多くの人たちに届けにいきますのでよろしくお願いします!

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 18:01|PermalinkComments(76)TrackBack(0)

2013年05月30日

特集ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ見本市2013前編

皆さんこんにちは!”
最後の見本市は「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」です!

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノとは→2年前の記事!

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノDOCG
ロッソ・ディ・モンタルチーノDOC
のほか

生産者によっては以下のワインも生産しています。

Sant'Antimo DOC サンタンティモDOCとは・・96年にDOC認定。モンタルチーノ地区隣接の主に国際品種で生産される小さなエリア
白:シャルドネ、ピノ・グリージョ、ソーヴィニョン
赤:カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、ピノ・ネロ、
ヴィン・サント甘口:トレッビアーノ・トスカーノ、マルヴァジア・ビアンカ
ヴィン・サント・オッキオ・ディ・ペルニーチェ甘口:サンジョヴェーゼ、マルヴァジア・ネーラ

Monscadello di Montalcino DOC モスカデッロ・ディ・モンタルチーノDOCとは・・84年にDOC認定。ブルネッロ生産地区においてモスカデッロ種(モスカート種)で造られる甘口。発泡、デザートワインがある。

モンタルチーノ
計24000ヘクタール

ワイン生産エリア(3500ヘクタール)

ブルネッロ 2100Ha
ロッソ 510Ha
モスカデッロ 50Ha
サンタンティモ 480Ha
その他 360Ha

marchio-brunello
sienamontalcino

IMG_6393












IMG_6395













IMG_6406












POGGIO CERSI ポッジョ・チェルシ
サンジミニャーノのパニッツィのモンタルチーノワイナリー。96年にワイナリーを購入し、2008年に設立。7haのみで4000本ほどの生産。3200Lの大樽熟成。
IMG_6408IMG_6407
















PACENTI FRANCO-CANALICCHIO パチェンティ・フランコ−カナリッキオ
猛暑だった2012年度の生産は15〜20%の減。
4500L〜5000Lの大樽3年の伝統的な生産。
IMG_6410IMG_6409
















POGGIO DI SOTTO ポッジョ・ディ・ソット
ベンヴェヌート・ブルネッロ初出展。南東カステルヌオーヴォ・デッラ・アバーテに位置するオーガニックのワイナリー。伝統を重んじる作り手。イタリアソムリエ協会のソムリエコースのクラスメイトのキアラが働くワイナリー。数年前よりモンテクッコとボルゲリ・グラッタマッコのコッレ・マッサーリ・グループの所有。今は亡きサンジョヴェーゼの神様と称されたエノロゴ、ジュリオ・ガンベッリ氏が担当していたワイナリー。
IMG_6415IMG_6412















IMG_6414















マストロヤンニの彼も試飲に来ます。

NOSTRAVITA ノストラヴィータ
ロッソは1年の大樽熟成で4000本。ブルネッロは5000本の少量生産。ブルネッロのラベルのデザインは5000本すべて手作業で色づけられるので同じものがないそうです。日本未入荷。
IMG_6421IMG_6418
















LE MACIOCHE レ・マチョケ
エリア中心部やや東。ロッソは500Lの樽(トンノー)。ブルネッロは2500L〜4000Lの大樽で熟成される。少量生産。
IMG_6422IMG_6423
















CORTE PAVONE-LOACKER コルテ・パヴォーネ ロアケル
アルトアディジェにワイナリーを持つロアケル家のモンタルチーノワイナリー。オーガニック。
25000本の生産。
IMG_6424
















SALVIONI サルヴィオーニ
ブルネッロ9000本の少量生産で3年半の2000L大樽熟成。
IMG_6429IMG_6427
















IL PARADISO DI MANFREDI イル・パラディゾ・ディ・マンフレディ (エノテカ取扱い)
カナリッキオ地区。ブルネッロの生産者の中でもよりオーガニック、原産地呼称の規制基準より熟成を待って状態を整えてから市場へ出荷させる。ブルネッロは2008年が9300本。ロッソ8000本。
IMG_6431IMG_6432
















FRANCESCHI フランチェスキ
ロッソは1年の熟成。70%が大樽、30%がバリック熟成ののちブレンド。
ブルネッロは樹齢20年以上の樹から(ワイン法ではブルネッロは最低10年の樹齢が必要。キァンティクラッシコは4年。)生産される。大樽で36ヶ月。リゼルヴァは単一畑のブドウより48ヶ月の大樽熟成。
IMG_6435IMG_6433
















L'AIETTA ライエッタ (エノテカ未入荷)
ロミトーリオにワイナリーツアーで訪れた際に知り合った若きエノロゴ、フランチェスコ・ムリナーリが立ち上げたワイナリー。フィレンツェで醸造を学び、シロ・パチェンティの収穫を経験。カザノーヴァ・ディ・ネーリで2年、カステッロ・ロミトーリオで働き6年。今も午前中はロミトーリオで働く傍ら、自らのワイナリー「ライエッタ」を1人で管理。ロッソは10ヶ月〜の1000L樽で1300本。ブルネッロは36ヶ月で1500本の超少量生産。
IMG_6438IMG_6437
















LA FORTUNA ラ・フォルトゥーナ (エノテカ未入荷)
やや北よりのワイナリー。ブルネッロ33000本、リゼルヴァ4000本、ロッソ20000本。→参考記事
IMG_7511












LOACKER-CORTE PAVONE コルテ・パヴォーネ(ロアケル) (エノテカ取扱い)
中心部。オーガニック。エノテカのブルネッロイベントでも出展したアルトアディジェのロアケル社のワイナリー。→記事
ブルネッロ25000本、ロッソ20000本。
IMG_6424
















MASTROJANNI マストロヤンニ(エノテカ未入荷)
南東部、ブルネッロ60000本、セレクション9000本、ロッソ34000本。
IMG_6454IMG_6455
















LA GERLA ラ・ジェルラ(エノテカ取扱い)
中心部やや北。ブルネッロ44000本、リゼルヴァ5500本、ロッソ20000本。
IMG_6442IMG_6440
















FANTI ファンティ (エノテカ取扱い)
ブルネッロ60000本、ロッソ60000本、リゼルヴァ6000本、サンタンティモ50000本。エノテカのワークショップでも参加のファンティ。28ヶ月熟成、50%バリック、50%大樽3000L。リゼルヴァ36ヶ月70%トンノー500L、30%大樽。
→記事
IMG_6555IMG_6528
















DONATELLA CINELLI COLOMBINI ドナテッラ・チネッリ・コロンビーニ(エノテカ取扱い)
ブルネッロ25000本、セレクション7500本、リゼルヴァ3000本、ロッソ16500本。
ブルネッロな妻たち→記事
ワークショップ→記事
IMG_6531IMG_6530
















COL D'ORCIA コル・ドルチア(エノテカ取扱い)
ブルネッロ180000本、リゼルヴァ“ポッジョ・アル・ヴェント”24000本、ロッソ200000本、ロッソ・セレクション25000本、サンタンティモ・カベルネ25000本、サンタンティモ・ピノグリージョ25000本、モスカデッロ2600本。
ブルネッロのリゼルヴァでセレクション(畑・ブドウ選別)のポッジョ・アル・ヴェントはマンガ「神の雫」にも取り上げられたワイン。ロッソのセレクション「バンディテッラ」は昨年9月に東京で行ったワイン会でもリストしたワイン。ロッソでセレクションを造る数少ないワイナリー。またバンフィ社でもラベルがある白のサンタンティモ・ピノグリージョについて・・冷涼な北部イタリアでよく生産される白品種なので疑問を持つ方もいるかもしれないがモンタルチーノ南部に流れるオルチア川付近はより冷涼な気候であるために生育できるとのこと。
IMG_6538IMG_6539
















IMG_6540IMG_6541
















ARGIANO アルジャーノ(エノテカ取扱い)
南西部。ブルネッロ108000本、セレクション20000本、ロッソ44000本。
モンタルチーノでのブドウ栽培の歴史は16世紀に遡る伝統あるワイナリーの1つ。またスーパートスカーナである「ソレンゴ」と「スオーロ」という強力なラベルをもつ。スオーロはモンタルチーノエリアのサンジョヴェーゼ100%だが、1年半の木樽熟成とブルゴーニュ型ボトルである理由からブルネッロを名乗ることはできない。ブルネッロは東京のワイン会のリストボトル。
IMG_6489IMG_6487
















SCOPONE スコポーネ(エノテカ取扱い)
ブルネッロ12700本、リゼルヴァ1440本、ロッソ3200本、サンタンティモ13000本。
ブルネッロは6500Lの大樽、225Lのバリックで50%ずつ3年半熟成。リゼルヴァは4年熟成。ワークショップ参加のワイナリー
IMG_6517IMG_6516
















QUERCE BETTINA クエルチェ・ベッティーナ(エノテカ取扱い)
少規模のワイナリー。ブルネッロ6300本、リゼルヴァ2600本、ロッソ9900本。
IMG_6575












LA FUGA ラ・フーガ(エノテカ取扱い)
キァンティ地区のNOZZOLEノッツォレ、CABREOカブレオなどのワイナリーと同じくフォロナーリ家の所有のモンタルチーノワイナリー。大樽で36ヶ月。
ブルネッロ27500本、ロッソ11000本。
IMG_6569IMG_6568
















SESTI セスティ(エノテカ未入荷)
ブルネッロ15000本、リゼルヴァ(フェノメナ)3700本、ロッソ16500本。2000〜3000Lの大樽で4年熟成。(リゼルヴァは5年)
IMG_6515IMG_6511
















IMG_2147
去年のフェノメナのボトル右。

SIRO PACENTI シロ・パチェンティ(エノテカ取扱い)
ブルネッロ30000本、リゼルヴァ2400本、ロッソ30000本。ロッソは225〜500Lの樽で12〜13ヶ月。(2年目の樽)。ブルネッロ225〜500Lの樽で24ヶ月(70%新樽)。
IMG_6506IMG_6514
















TALENTI タレンティ(エノテカ取扱い)
ブルネッロ26000本、リゼルヴァ8000本、ロッソ30000本。
IMG_6578IMG_6579
















TENUTA DI SESTA テヌータ・ディ・セスタ(エノテカ取扱い)
ブルネッロ60000本、リゼルヴァ4000本、ロッソ60000本。ロッソ3000L樽で1年。ブルネッロ36ヶ月大樽、4ヶ月ボトル熟成。
IMG_6492















IMG_2154












VENTOLAIO ヴェントライオ(エノテカ未入荷)
ブルネッロ22000本、ロッソ10000本。→参考記事

IMG_6491















IMG_2158
POGGIO SALVI ポッジョ・サルヴィ(エノテカ取扱い)
ブルネッロ50000本、リゼルヴァ2800本、ロッソ22000本、モスカデッロ3000本。ロッソ12ヶ月、ブルネッロ30ヶ月、リゼルヴァ40ヶ月の大樽3000〜6000L熟成。
IMG_6566












BELPOGGIO ベルポッジョ(エノテカ取扱い)
南東地区。プロセッコ産地ヴァルドッビアーデネの雄BELLUSSIベッルッシ社所有のモンタルチーノワイナリー。ブルネッロ16000本、大樽3年。ロッソ10000本、大樽1年。
IMG_6481















IMG_2162












CAMIGLIANO カミリャーノ(エノテカ取扱い)
南西カミリャーノ地区。ブルネッロ170000本、リゼルヴァ3000本、ロッソ90000本、サンタンティモ・カベルネ10000本、モスカデッロ1500本。
IMG_6548












IMG_6519












IMG_6500












後編へ!

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 17:23|PermalinkComments(40)TrackBack(0)

2013年05月17日

特集キァンティ・クラッシコ・コレクション2013後編(フィレンツェ県編)

それでは、キァンティ・クラッシコ・コレクション2013の後編!

フィレンツェ県のキァンティクラッシコエリアの紹介の前に、2013年のキァンティクラッシコの新しい動向を簡単にご報告!

・ロゴが新しくなりました。
・グラン・セレツィオーネという新タイプが加わりました。

新ロゴ:新しいガッロネーロ(黒い雄鶏)

IMG_6167

IMG_6169
左が旧シンボル、右が新しいロゴです。胸や尾の羽がより雄々しく、口を開けて鳴いているようなデザインに変わりました。2013年をキァンティ・クラッシコの新たな飛躍の年と位置づけます。

新カテゴリーChianti Classico Gran Selezione
グラン・セレツィオーネ

今まではノーマルとリゼルヴァタイプの2種類だったキァンティ・クラッシコに新たなタイプ“グラン・セレツィオーネ”が加わりました。よりしっかりした構成の、畑・ブドウをワイナリーが最高レベルで選別する熟成タイプの高品質キァンティ・クラッシコです。

原産地呼称法では、
・ベース(ノーマル) アルコール度数12%以上 12ヶ月の熟成義務
・リゼルヴァ 12、5%以上 24ヶ月の熟成義務
・グラン・セレツィオーネ 13%以上 30ヶ月の熟成義務 

各ワイナリーがこの新しいタイプに順応していくのは少し時間がかかると思いますが、大きな動きといえそうですね。

さて、後編はフィレンツェ県のワイナリー。(グレーヴェ・イン・キァンティ、サン・カッシャーノ・イン・ヴァル・ディ・ペーザ、バルベリーノ・ヴァル・デルザ、タヴァルネッレ・ヴァル・ディ・ペーザ。)

IMG_6314

フィレンツェ県編
グレーヴェ・イン・キァンティ

GreveinChianti

FONTODI フォントーディ(エノテカ取扱い)
キァンティ・クラッシコはサンジョヴェーゼ100%。リゼルヴァは5%のカベルネをブレンド。東京イタリアンワインウィークでもリストにあったIGTフラッチャネッロも秀逸。
IMG_6317IMG_6319
















CASELLO VICCHIOMAGGIO カステッロ・ヴィッキオマッジョ(エノテカ取扱い)
ベースはサンジョヴェーゼにカナイオーロとコロリーノ。リゼルヴァは2タイプ、100%サンジョヴェーゼとサンジョヴェーゼにカナイオーロ、カベルネ。
IMG_6204IMG_6202
















TENUTA DI NOZZOLE テヌータ・ディ・ノッツォレ(エノテカ取扱い)
ベースはサンジョヴェーゼ100%の大樽12ヶ月熟成。リゼルヴァはカベルネをブレンド。バリック14ヶ月。
10kmほど離れたパンツァーノのワイナリー「カブレオ」も「ノッツォレ」と同じアンブロージョ・エ・ジョヴァンニ・フォロナーリ所有のワイナリー。IGTのカブレオも試飲できました。
IMG_6212IMG_6213
















VILLA CAFAGGIO ヴィッラ・カファッジョ(エノテカ取扱い)
ベース、リゼルヴァともにサンジョヴェーゼ100%。
強力なIGT、コルタッチョとサン・マルティーノも!
IMG_6325
















IMG_6321












LAMOLE DI LAMOLE ラモーレ・ディ・ラモーレ(エノテカ取扱い)
ベースのキァンティ・クラッシコが2種。サンジョヴェーゼに地ブドウタイプかカベルネ、メルロー混醸タイプ。

IMG_6209
















CASTELLO DI QUERCETO カステッロ・ディ・クエルチェート(エノテカ取扱い)
全タイプ、サンジョヴェーゼにカナイオーロのブレンド。
IMG_6198IMG_6199
















IL MOLINO DI GRACE イル・モリーノ・ディ・グレイス(エノテカ取扱い)
ベースとリゼルヴァ(2種)ともにサンジョヴェーゼ100%。
IMG_6205IMG_6206
















LANCIOLA ランチョーラ(エノテカ取扱い)
エノロゴ、ステファノ・キオッチョリ。サンジョヴェーゼとカナイオーロのブレンド。
IMG_6210












LA MADONNINA ラ・マドンニーナ(エノテカ取扱い)
サンジョヴェーゼとコロリーノ、カベルネ、メルロー
トリアッカ家のワイナリー。エノロゴはルカ・トリアッカとヴィットーリオ・フィオーレ。
ベースとリゼルヴァともに250000本の大きなワイナリー。
IMG_6207












QUERCIABELLA クエルチャベッラ(エノテカ未入荷)
100%サンジョヴェーゼの12ヶ月500L樽熟成。50%は新樽。
IMG_6320













サン・カッシャーノ・イン・ヴァル・ディ・ペーザ

casciano in valdipesa
MARCHESI ANTINORI マルケジ・アンティノーリ(エノテカ取扱い)
26代続くアンティノーリ家のキァンティクラッシコ地区のワイナリー。ベースのペッポリは100万本。リゼルヴァは2種。マルケーゼ・アンティノーリはカベルネを10%で38万本。セレクションのバディア・ア・パッシニャーノはサンジョヴェーゼ100%の11万本の生産量。
IMG_6182IMG_6187
















POGGIOPIANO ポッジョ・ピアーノ
ベース・リゼルヴァともにサンジョヴェーゼ100%。
IMG_6191












SOLATIONE ソラティオーネ
IMG_6194












VILLA MANGIACANE ヴィッラ・マンジャカーネ(エノテカ取扱い)
2010年のキァンティクラッシコはボリュームのある滑らかな飲み口のボトル。旨みを強く感じました。35000本。サンジョヴェーゼ85%、カナイオーロ10%、コロリーノ5%。
IMG_6195












IMG_6197















VILLA LE CORTI ヴィッラ・レ・コルティ(エノテカ取扱い)
セレクションのキァンティ・クラッシコ、ドン・トンマーゾはアルコール度なんと15%のボリュームある1本。マレンマにも畑を所有のコルシーニ家のワイナリー。エノロゴ、カルロ・フェッリーニ。
IMG_6189












バルベリーノ・ヴァル・ディ・エルザ

Berberino valdElsa
CASA SOLA カーザ・ソーラ(エノテカ取扱い)
サンジョヴェーゼを主体に国際品種のブレンド。
IMG_6215
















ISOLE E OLENA イーゾレ・エ・オレーナ
サンジョヴェーゼ、カナイオーロにシラーをわずかにブレンドするワイナリー。
IMG_6307












タヴァルネッレ・ヴァル・ディ・ペーザ

Tavarnelle valdipesa
POGGIO AL SOLE ポッジョ・アル・ソーレ

IMG_6354
 
ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 05:22|PermalinkComments(41)TrackBack(0)

2013年05月09日

特集キァンティ・クラッシコ・コレクション2013前編(シエナ県編)

「キァンティ・クラッシコ・コレクション2013」の見本市もアップ!去年の記事をベースに追加情報を加えていきました!

前編はシエナ県のワイナリー。(カステルヌオーヴォ・ベラルデンガ、カステッリーナ・イン・キァンティ、ガイオーレ・イン・キァンティ、ラッダ・イン・キァンティ、ポッジボンシの一部。)

キァンティ・クラッシコ・コレクション2012→去年の記事!

marchio_consorzio_chianti_classico_gallo_nero


IMG_6154

IMG_6179
イタリアワイン界でご活躍されているソムリエ林基就(はやしもとつぐ)さんと色々な印象を語りながらの着席テイスティングから始まりました!
林さんについてはコチラ→http://store.vinohayashi.jp/

IMG_6176
両方とも2010年で同品種のブレンド。。でも左のほうが若々しい色合い。右は淵際がややレンガ色がかって少し熟成が進んでいるような印象。生産者が違うだけですが、こんなに違いがあるのは面白いですね。

シエナ県編

カステルヌオーヴォ・ベラルデンガ

CastelnuovoBerardenga

QUERCIAVALLE=LOSI クエルチャヴァッレ=ロジ(エノテカ取扱い)
友人ヴァレリア・ロジのワイナリー。曽祖父から受け継ぐ純粋で素朴なキァンティクラッシコ。
IMG_6300IMG_6301

















TOLAINI トライーニ(エノテカ取扱い)
キァンティ・クラッシコのみならず、強力なIGTラベルを量産するワイナリー。エノテカ取扱いのVALDISANTI(カベルネ、メルロー)、AL PASSO(サンジョヴェーゼ、メルロー)、PICCONERO(メルロー、カベルネ)の3種は秀逸。
IMG_6306












DIEVOLE ディエーヴォレ(エノテカ取扱い)
キァンティ・クラッシコ、IGTともに多種のラベルを生産。キァンティクラッシコのリゼルヴァのNOVECENTO、またリゼルヴァでありセレクションのDIEULELEはディエーヴォレの最高傑作、エノテカで最も高価なキァンティクラッシコです。
参考記事
IMG_6293IMG_6295

















SAN FELICE サン・フェリーチェ(エノテカ取扱い)
広大な畑を抱えるサンフェリーチェ社、2009年のキァンティ・クラッシコよりブレンドに変更があります。サンジョヴェーゼ80%、コロリーノ10%、プニテッロ10%。ベースのキァンティ・クラッシコやリゼルヴァは30万本という生産量。IGTのプニテッロ100%のボトルは13000本となっています。
関連記事
IMG_6305












BORGO SCOPETO ボルゴ・スコペート(エノテカ取扱い)
ベース、リゼルヴァともにサンジョヴェーゼ100%でキァンティ・クラッシコを造るワイナリーの1つ。リゼルヴァのコストが抑え目で好印象。オーナーのエリザベッタさんはカパルツォ(モンタルチーノ)、ドーガ・デッレ・クラヴーレ(マレンマ)も経営しています。
IMG_6282












FE'LSINA フェルシナ(エノテカ取扱い)
こちらもボルゴ・スコペート同様サンジョヴェーゼ100%。とはいえ畑を別々に管理し、試験的に多種のサンジョヴェーゼを造り、後にブレンドする方法を採用しています。IGTであるフォンタッローロもサンジョヴェーゼ100%ですが、こちらはキァンティ・クラッシコ地区とキァンティ・コッリ・セネージ地区の土壌の違うサンジョヴェーゼを50%ずつ使用したもの。リゼルヴァ「ランチャ」も秀逸。
IMG_6299












CASTELLO DI SELVOLE カステッロ・ディ・セルヴォレ(エノテカ取扱い)
キァンティクラッシコはサンジョヴェーゼ80%にメルロー15%、カナイオーロ5%。日本人の奥さんをもつグイドさんのワイナリーです。ヴィンサントは過去記事にもしました。
参考記事
IMG_6292












初登場
CASTELL’IN VILLA カステッリン・ヴィッラ
エノテカイタリアーナ・ブログ初登場のカステルヌオーヴォ・ベラルデンガのワイナリー。
生産量、計60000本で小中規模。ノーマル、リゼルヴァともにサンジョヴェーゼ100%
この1年間で知ったキァンティクラッシコの造り手ではかなり好印象!
IMG_6287IMG_6286
















CASTELLO DI BOSSI カステッロ・ディ・ボッシ(エノテカ取扱い)
キァンティクラッシコはサンジョヴェーゼ100%で600000本、リゼルヴァは70000本。IGTのコルバイアはサンジョヴェーゼ70%にカベルネ・ソーヴィニョン30%のスーパートスカーナで16000本。
IMG_6288IMG_6289
















POGGIO BONELLI ポッジョ・ボネッリ(エノテカ取扱い)
キァンティクラッシコはサンジョヴェーゼ90%にメルロー6%、地元品種4%。モンテ・デイ・パスキ銀行所有、醸造にはカルロ・フェッリーニもコンサルタントをしています。
POGGIO BONELL→過去記事
IMG_6303












FATTORIA DI CORSIGNANO ファットリア・ディ・コルシニャーノ(エノテカ取扱い)
伝統派で小規模ワイナリー。キァンティクラッシコはサンジョヴェーゼ90%にカナイオーロとマルヴァジア・ネーラで10000本。リゼルヴァ、インペラトーレ(エンペラー)は100%サンジョヴェーゼ3000本。
IGTのリ・スポージ(婚約者)はサンジョヴェーゼ50%、メルロー30%、カベルネ・ソーヴィニョン20%で2000本の生産。
友人の婚約でプレゼントした一本でもあります^^
IMG_6296













ガイオーレ・イン・キァンティ

GaioleinChianti


ROCCA DI CASTAGNOLI ロッカ・ディ・カスタニョーリ(エノテカ取扱い)
ベースはサンジョヴェーゼ90%、コロリーノとカナイオーロが5%ずつ。
リゼルヴァのポッジョ・ア・フラーティは20000本の生産。日本人の薫さんがご活躍されています。
IMG_6331
















CASTELLO DI MELETO カステッロ・ディ・メレート(エノテカ取扱い)
NHK世界ふれあい街歩きのロケで撮影を行ったワイナリー。サンジョヴェーゼ90%にメルロー10%からなるキァンティ・クラッシコは5400Lという大樽で12ヶ月熟成。リゼルヴァのヴィーニャ・カージはサンジョヴェーゼ85%、メルロー15%。ワインは半分が大樽で14ヶ月、半分はバリック樽(225L)で14ヶ月熟成後ブレンドされる。
関連記事
IMG_6268
















BARONE RICASOLI バローネ・リカーゾリ(エノテカ取扱い)
現在のキァンティの歴史において最も重要な貴族リカーゾリ家のワイナリー。ベッティーノ・リカーゾリ1809〜1880(政治家、フィレンツェ知事やイタリア2代目首相も務めた)はワイン分野の研究にも努力を怠らず、今のキァンティワインの基礎となるサンジョヴェーゼ種主体にカナイーロ種とマルヴァジア種(白ぶどう)の配合とする若い段階から心地よく飲めるワインを開発した。現在は白ブドウの使用はキァンティのみ可能で、キァンティ・クラッシコ地区では認められていない。
IGTカザルフェッロはラベルも一新。メルロー100%。
IMG_6259IMG_6260
















CASTELLO DI AMA カステッロ・ディ・アーマ(エノテカ取扱い)
こちらも重要なワイナリーで、キァンティクラッシコブランドを確立しているワイナリーの一つです。品質を重視し、サンジョヴェーゼと国際品種ブレンド、近代的な醸造設備にて仕上げます。
ベースはサンジョヴェーゼ85%にメルロー、マルヴァジア・ネーラ。ピノ・ネロの畑も持っています。
HAIKUはサンジョヴェーゼ50%、カベルネ・ソーヴィニョンとメルローが25%ずつのブレンド。
馬に乗ったこの肖像は、シエナの伝説の英雄で1328年のモンテマッシ侵攻時の国軍隊長「グイドリッチョ・ダ・フォリアーノ」でシエナ市庁舎の美術館に絵が飾られています。フレスコバルディのモンタルチーノのワイナリー「カステル・ジョコンド」のブルネッロのラベルもこの絵が使用されています。
関連記事
IMG_6274IMG_6275
















BADIA A COLTIBUONO バディア・ア・コルティブオノ(エノテカ取扱い)
参考記事
IMG_6310












IL COLOMBAIO DI CENCIO イル・コロンバイオ・ディ・チェンチオ(エノテカ取扱い)
I SODI イ・ソーディ(エノテカ取扱い)
生産量としては中堅どころのワイナリー。ベース、リゼルヴァともにサンジョヴェーゼにわずかのカナイオーロで構成される。
IMG_6276
















SAN GIUSTO A RENTENNANO サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ(エノテカ未入荷)
こちらもサンジョヴェーゼにわずかのカナイオーロ種。
IMG_6273
















CAPANNELLE カパンネッレ(エノテカ取扱い)
ボリュームのあるワイナリーという印象のカパンネッレです。というのは骨格のあるワインのラベルが多い。キァンティ・クラッシコはリゼルヴァのみの生産、IGTシャルドネ、IGTソラーレ、IGT50&50はそれぞれしっかりとした飲み口のワインです。
IMG_6263
















CASTELLO DI CACCHIANO カステッロ・ディ・カッキアーノ(エノテカ取扱い)
ベースはサンジョヴェーゼ90%にカナイオーロ、マルヴァジア・ネーラ、コロリーノ。メトード・クラッシコ方式のサンジョヴェーゼのロゼも3000本生産。

IMG_6265IMG_6264
















CASTELLO DI SAN DONATO IN PERANO カステッロ・ディ・サンドナート・イン・ペラーノ
ベースはサンジョヴェーゼ100%。
リゼルヴァにはメルローを15%ブレンド。ソーヴィニョンとセミヨンからなる白も秀逸。
IMG_6271












CASTELLO DI SAN SANO カステッロ・ディ・サン・サーノ(エノテカ取扱い)
IMG_6272
















RIECINE リエチネ
IMG_6281
















GEOGRAFICO ジェオグラフィコ(エノテカ取扱い)
マレンマ、モンタルチーノ、サンジミニャーノなど各銘醸地にて畑を所有する大きなワイナリー。
IMG_6258IMG_6256


















ラッダ・イン・キァンティ

RaddainChinti
IL BARLETTAIO イル・バルレッタイオ(エノテカ未入荷)
エノロゴ、ルカ・ダットーマのワイナリー。キャンティ・クラッシコに登録の畑は2,2haというかなり小さな生産者。
IMG_6249IMG_6247
















MONTERAPONI モンテラポーニ(エノテカ取扱い)
オーガニックのワイナリー。リゼルヴァは2種類。イル・カンピテッロは最も古い樹齢の畑から4000本。バロン・ウーゴは2500本という少量生産。
IMG_6252IMG_6251
















初登場
VAL DELLE CORTI ヴァル・デッレ・コルティ
フィレンツェ在住のソムリエ、津田みらいさんお勧めワイナリー。サンジョヴェーゼにカナイオーロブレンド。リゼルヴァはサンジョヴェーゼ100%で5000本の小規模ワイナリー。
IMG_6254
















カステッリーナ・イン・キァンティ

CastellinainChianti

SAN FABIANO CALCINAIA サン・ファビアーノ・カルチナイア(エノテカ未入荷)
キァンティ・クラッシコ”チェッロレ”のほかIGTのチェルヴィオーロも高評価のボトル。
IMG_6239IMG_6237
















VEGI ヴェージ(エノテカ未入荷)
IMG_6232IMG_6229
















CASTELLO DI FONTERUTOLI カステッロ・ディ・フォンテルートリ(エノテカ取扱い)
マッツェイ家のワイナリー「カステッロ・ディ・フォンテルートリ」
ベースはサンジョヴェーゼ90%、メルロー5%、マルヴァジア・ネーラとコロリーノで5%。
スーパートスカーナのシエピはサンジョヴェーゼとメルロー50%ずつのエレガントでふくよかな旨みをもつワイン。
参考記事
IMG_6225IMG_6223
















CASTELLARE DI CASTELLINA カステッラーレ・ディ・カステッリーナ(エノテカ取扱い)
こちらはIGTのイ・ソーディ・ディ・サンニッコロ。サンジョヴェーゼとマルヴァジア・ネーラのしっかりした構成のワイン。
IMG_6329
















VILLA TRASQUA ヴィッラ・トラスクア(エノテカ取扱い)
エノロゴ、ステファノ・キオッチョリのワイナリー。リゼルヴァは9ヶ月大樽後、9ヶ月のバリック熟成。
IMG_6244
















TENUTA DI LILIANO テヌータ・ディ・リリアーノ(エノテカ取扱い)
関連記事
IMG_6242IMG_6241
















ROCCA DELLE MACIE' ロッカ・デッレ・マチエ(エノテカ取扱い)
ツアー会社の友人マルコが双子の弟アンドレアと7年働いていた大手ワイナリー。
IMG_6235IMG_6233















BANFI バンフィ(エノテカ取扱い)
バンフィもキァンティ・クラッシコにて生産開始。
IMG_6220















カステッリーナ・イン・キァンティ
その他
CECCHI
RUFFINO

ポッジ・ボンシ
初登場
CINCIANO チンチャーノ
ベースもリゼルヴァもサンジョヴェーゼ100%。
IMG_6328IMG_6326
















初登場
ORMANNI オルマンニ
IMG_6219IMG_6218
















 次回はフィレンツェ県編です!

ただいま仕事中!ENOTECA ITALIANA

↓↓ランキング参加のため、2つクリックをお願いします^^GRAZIE!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
 人気ブログランキングへ

nobufico at 05:58|PermalinkComments(41)TrackBack(0)